歩く

全て 動詞
20,871 の用例 (0.02 秒)
  • 一人で歩くより二人で歩いた方が面白いから、そうしてるだけなんです。 豊島与志雄『香奠』より引用
  • さて僕たちは二百メートルも長廊下を歩いた末に、やっと大食堂に出た。 海野十三『海底都市』より引用
  • 東京市内から郊外へ来る電車が時々二人の歩く間近に音を立てて走った。 岡本かの子『兄妹』より引用
  • さよはそのまちなかあるいてきますと、まえたか建物たてものがありました。 小川未明『青い時計台』より引用
  • お前のその可哀らしい光の下に、 高い山のを歩くことは出来まいか。 森鴎外『ファウスト』より引用
  • 私はほとんど傷も受けなかったし、ピンと立って歩くことができたのだ。 原民喜『ガリバー旅行記』より引用
  • 私は夫人のうしろに従って車から降りると、まず家の周囲を歩いてみた。 大倉燁子『恐怖の幻兵団員』より引用
  • おじいさんは、どこをどうあるいているのだかわたしにはわかりませんでした。 小川未明『子供の時分の話』より引用
  • 中心街のレストランで食事をしたあと、だから歩こうと言ったのだった。 角田光代『太陽と毒ぐも』より引用
  • 僕は薄明るい外光に電燈の光のまじつた中をどこまでも北へ歩いて行つた。 芥川竜之介『歯車』より引用
  • 僕は薄明るい外光に電燈の光のまじった中をどこまでも北へ歩いて行った。 芥川竜之介『歯車』より引用
  • 電車の中でも、道を歩いていても、人の洋服ばかりに気をとられていた。 織田作之助『青春の逆説』より引用
  • 普通の人のように歩く癖をつけてやろうと、訓練するためなのであろうか。 豊島与志雄『花ふぶき』より引用
  • 私の魂はどこか入口はないかとその人の身体のまはりを探し歩くやうです。 岡本かの子『愛』より引用
  • 恋人と腕を組んで歩く時にはポケットへ蟇口を入れておくのは危険である。 坂口安吾『総理大臣が貰つた手紙の話』より引用
  • 歩いて行きたいと思いながら、歩いて行かないのは意気地いくじなしばかりだ。 芥川竜之介『彼 第二』より引用
  • 喬は自分も酒に酔ったときの経験は頭に上り、今は静かに歩くのだった。 梶井基次郎『ある心の風景』より引用
  • おれはこんど乗っていく船や、ゆく先のみなとのことをかんがえて歩いていた。 海野十三『透明人間』より引用
  • 庭の隅の金網の中には白いレグホオン種の鶏が何羽も静かに歩いてゐた。 芥川竜之介『歯車』より引用
  • と云って、東京の者は少しも歩くことがないというのではありません。 豊島与志雄『香奠』より引用
  • 次へ »