歩き廻る

239 の例文 (0.00 秒)
  • 足の痛みで歩き廻る訳には行かなかったけれど、食事など普通にとった。 ...
  • そうなればただもうそのあたりを歩き廻る以外に仕方がなくなっていた。 ...
  • ちょこちょこ歩き廻る左枝子を常に一人は見ていなければならなかった。 ...
  • 足の痛みで歩き廻るわけにはいかなかったけれど、食事など普通にとった。 ...
  • 山の好きな連中があの辺をブンブン飛ばして歩き廻る時代も遠くないだろう。 ...
  • 無数の人間の思考・習癖・表情それらが群衆のようにぞろぞろと歩き廻る。 ...
  • 無数の人間の思考・習癖・表情それらが群衆のやうにぞろぞろと歩き廻る。 ...
  • コラコラとふたかさねていふときは、あたましたにしあしうへにしてあるまはることである。
  • どんなにひどい未開地であろうと、自由人として歩き廻る方がよいではないか。 ...
  • 午前三時まで、夫人は夫がいらいらと部屋の中を歩き廻る足音を聞いていた。 ...
  • 客の今日一日に歩き廻る円囲を頭に泛べてみても十五里ほどの円だ。 ...
  • 歩き廻るうち見かけたものは何でも心にとめておく。 ...
  • 三十分ほど歩き廻るが、ホテルの従業員らしい女性一人に会っただけである。 ...
  • 山代は、今夜自分は足が棒になるほど歩き廻るだろうと思った。 ...
  • 毎朝、彼女は食事の後で庭に出て行き、あちこちと歩き廻るのを楽しみにしていた。 ...
  • もっとも身分柄、気軽に江戸の町を歩き廻ることはできなかった。 ...
  • 無数に交錯する足音についてわたしの耳はぼんやり歩き廻る。 ...
  • 次へ