武白志

全て 名詞
14 の例文 (0.00 秒)
  • 指名の直後には、功児と武白志が、生中継を通じて同番組へ出演した。 ...
  • 功児は療養生活を続けながら、武白志が出場する試合を折に触れて観戦していた。 ...
  • プロ野球では育成選手であり、シーズンのみ名前の武白志を登録名に用いていた。 ...
  • 武白志が中学校へ進んでからは、入院の頻度が増えたにもかかわらず、退院中に自宅で武白志の練習相手を務めた。 ...
  • 武白志が九州国際大学付属高校へ進学したことを機に、一家は同校のある福岡県北九州市へ転居。 ...
  • 医師からは心臓への負担を減らす目的で、ペースメーカーの装着を勧められたが、「左腕を使った運動がしにくくなる」というリスクを伴うため、功児は「武白志にボールを投げてやりたい」という理由で装着を断念。 ...
  • 同月26日に執り行われた功児の告別式では、親族を代表して、武白志が謝辞を述べた。 ...
  • 元プロ野球選手の山本武白志は長男。 ...
  • 山本 武白志は、神奈川県横浜市出身の元プロ野球選手。 ...
  • 第97回全国高等学校野球選手権大会では初戦の比叡山高校戦で2安打2打点の活躍を見せると、続く2回戦では山本武白志擁する九州国際大付属高校と対戦し、7回に一時は勝ち越しとなる本塁打を放ったもののチームは逆転負けを喫した。 ...
  • 功児は、武白志が小学4年生だった2008年に慢性心不全を発症。 ...
  • 後にプロ入りする清水優心、武白志、古澤勝吾、富山凌雅らを擁した九州国際大学付属高等学校戦ではスローボールを多用し、注目を浴びた。 ...
  • 功児は、武白志の一軍デビューを見届けることなく、肝臓がんのため2016年4月23日に北九州市内の自宅で逝去。 ...