正法眼蔵

全て 名詞
69 の例文 (0.00 秒)
  • よるの教養特集で正法眼蔵しようぼうげんぞうのことをきいて読みたいと思った。 ...
  • また、「正法眼蔵」など宗典の研究、校訂、出版なども盛んに行われた。 ...
  • 道元の人となりや『正法眼蔵』を理解する上での基本文献である。 ...
  • 座右の書は正法眼蔵で、東電の事務所内に置いていたという。 ...
  • 正法眼蔵しようぼうげんぞうでは坐禅のことを身心脱落といっているように、体と心の二つの状態から抜け出さなければならない。 ...
  • 最後に開版された95巻本には、『正法眼蔵』とは呼べない文章も混入している。 ...
  • 正法眼蔵は、主に禅僧である道元が執筆した仏教思想書を指す。 ...
  • 「正法眼蔵」の現代語訳と同時にその詳細な「提唱」を行ったのは、日本で最初である。 ...
  • 虎千代は文机の前に座って、道元禅師があらわした「正法眼蔵」を読んでいた。 ...
  • 和文で記された道元の主著『正法眼蔵』は、その存在論や時間論、言語論が現代においても注目されている。 ...
  • 特に在家への布教を念頭において、正法眼蔵から重要な点を抜粋したものに修証義がある。 ...
  • 特に、道元は日本に帰国してから『正法眼蔵』等を撰述したが、その内容と明らかに相違する内容が説かれているものもあれば、影響を受けているものもある。 ...
  • 道白自身も大乗寺において道元の『正法眼蔵』の編集を行い、卍山本として現在に残されている。 ...
  • フランス思想との関連から道元への関心を深め、『正法眼蔵』の読解を行なっている。 ...
  • 正法眼蔵という言葉は、本来は仏法の端的な、すなわち肝心要の事柄を意味する。 ...
  • 道元の著した正法眼蔵安居の巻にあるように、住職を務めた寺院が小さかった場合には西堂と記さなかった。 ...
  • 臨済は「わしの正法眼蔵が、この馬鹿坊主のところで滅びてしまうとは、いったい誰が知るであろうか」といい、そのまま端然として遷化されたとされている。 ...
  • 次へ