歌物

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 一中節などとあわせて古曲と総称されるが、発生の経緯からもわかるように歌物である。 ...
  • 歌物には恋歌こいかが多いという理由からであった。 ...
  • 端歌物に比べ地歌の中では新しく作られた曲であるため、重厚なものが多く曲も長めだが、本来の地歌とは言い難い。 ...
  • 彼は琴曲のことには不案内だったが、歌物ではないらしく、ただ手の技を主とする緩急高低の音色の連続だ。 ...
  • 大きく分けて歌物である長唄と、語り物である浄瑠璃がある。 ...
  • 半数の曲が歌物という構成で、が10曲中5曲でボーカルを務め、更にビル・チャンプリンも参加した。 ...
  • 歌物のポップミュージックとCDによるサウンドドラマのドラマ音楽を手掛ける。 ...
  • 端歌物の作品には風格の高いものが多く、ことに『雪』は、後世には舞もつけられ、地歌舞としても名高い。 ...
  • 以降、劇判やテレビやラジオのCM音楽など、歌物、インスト問わず多岐にわたるジャンルの音楽を幅広く手がけている。 ...
  • 猥雑な闘茶趣味の茶の湯を改革して、茶禅一味の心境を固持した珠光は、茶室の床掛とこかけ歌物うたものを用いることさえも厳禁した。 ...
  • 江戸時代中期の地歌は長歌物、そして端歌物が中心で、ことに端歌は大阪の藤永検校、鶴山勾当、政島検校をはじめとする作曲家たちにより、厖大な数の曲が作られ、端歌物全盛時代であった。 ...
  • また、それまではインストゥルメンタルの楽曲制作が主体であったが、2005年には『NAMCO x CAPCOM』で初の歌物を発表。 ...
  • 端歌物に属する。 ...
  • 地歌の中の「端歌物」に属する。 ...
  • しかし、珠光の孫弟子にあたる堺の富豪武野紹鴎たけのじようおうは、歌人でもあった立場から、歌道と茶道との関連性を強調し、好んで床掛に俊成しゆんぜい定家ていかの歌物をつかっている。 ...