欲する

全て 動詞
1,782 の用例 (0.01 秒)
  • 今日欲するものを明日は恐れる、いやそれを考えただけでも身震いする。 デフォー/佐山栄太郎訳『ロビンソン・クルーソー』より引用
  • これ、余が欧州政教の実際上の関係を視察せんことを欲せしゆえんなり。 井上円了『欧米各国 政教日記』より引用
  • 人は、謎を提示されたことで、よりその人を深く知りたいと欲するものだ。 今野緒雪『マリア様がみてる 28 フレーム オブ マインド』より引用
  • 地に落としたつぶやきを欲するように、後ろから足音が追い掛けてくる。 川上稔『AHEADシリーズ 01 終わりのクロニクル①〈上〉』より引用
  • 女たちの第一に欲するのは、明日もまた今日の如しと云う保証を得ることだ。 レニエ『燃え上る青春』より引用
  • それほど日本語は、象徴詩人の欲するような隈々くまぐまを持っていないのである。 折口信夫『詩語としての日本語』より引用
  • それほど日本語は、象徴詩人の欲するやうな隈々を持つてゐないのである。 折口信夫『詩語としての日本語』より引用
  • 夢みてると知りながら眼覚めようと欲する、睡眠中の努力にも似ていた。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 人々の欲するのは最小の支配、常に支配のより少なくなることである。 ヘミングウェー/高村勝治訳『勝者には何もやるな/ヘミングウェー短編集3』より引用
  • そのとき、日本は欲する条件で講和会議を開くことができるであろう。 光瀬龍『紐育、宜候 SF〈太平洋戦争〉』より引用
  • そのため、跡継ぎとして男性を欲する家がある場合に行われることが多い。
  • ボイルドは、むしろその答えを自分自身が欲するかのような顔でいる。 冲方丁『マルドゥック・スクランブル The Second Combustion 燃焼』より引用
  • それはすべてを与えるものであり、またすべてを得んと欲するものだった。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 哲学は真理が後方を見ることを欲するという自然的性向をもっている。 三木清『哲学入門』より引用
  • 「そのひとを知らんと欲せば、まずその友を見よ」というところである。 北大路魯山人『鮟鱇一夕話』より引用
  • あの男は、自分の欲するように身の出来事を処理する決断がない人なのです。 坂口安吾『明治開化 安吾捕物』より引用
  • 己の欲する好餌こうじばかりの生活は、これこの通りということになろうか。 北大路魯山人『美食七十年の体験』より引用
  • 食性については人肉だけでなく、シカやウシなどの動物の生肉も欲する。
  • 敵をあざむかんとほっすれば、まず味方よりということわざがあるだろう。 横溝正史『金色の魔術師 v0.9』より引用
  • 堕ちるのは自身の魂の欲するところだと、知らないのは新聞記者だけなのか。 岩井志麻子『岡山女』より引用
  • 次へ »