欲する者なり

9 の用例 (0.00 秒)
  • 国の権を争い人の利をむさぼるは、他なし、自国自身の平安を欲する者なり。 福沢諭吉『教育の目的』より引用
  • 我輩は其所謂いわゆる女子敗徳のよっきたる所の原因をあきらかにして、文明男女の注意をうながさんと欲する者なり。 福沢諭吉『女大学評論』より引用
  • 夫に逆いて天罰を受く可らずと言えば、妻を虐待して神罰をこうむなかれと、我輩は言わんと欲する者なり。 福沢諭吉『女大学評論』より引用
  • すなわち昔日せきじつは乱を好み、今日は治を欲する者なり。 福沢諭吉『教育の目的』より引用
  • 常に汝らの挙動に注目して一毫いちごうさず、つづみを鳴らしてその罪を責めんと欲する者なり。 福沢諭吉『日本男子論』より引用
  • 我輩は気の毒ながら失敬ながら記者を評して陰陽迷信の愚論者なりと言わんと欲する者なり。 福沢諭吉『女大学評論』より引用
  • 我輩はきっと其理由を聞かんと欲する者なり。 福沢諭吉『女大学評論』より引用
  • 此辺は枝葉の議論としてしばらき、扨婦人が夫に対して之をかろしめあなどる可らずとは至極の事にして婦人の守る可き所なれども、今の男女の間柄に於て弊害の甚しきものを矯正せんとならば、我輩は寧ろ此教訓を借用して逆に夫の方をいましめんと欲する者なり。 福沢諭吉『女大学評論』より引用
  • ゆえに我が輩においては、今世の教育論者が古来の典経てんけいを徳育の用に供せんとするをとがむるには非ざれども、その経書の働を自然に任して正に今の公議輿論に適せしめ、その働の達すべき部分にのみ働をたくましゅうせしめんと欲する者なり。 福沢諭吉『徳育如何』より引用