欣然と敵

3 の用例 (0.00 秒)
  • ことに小児と似ているのは喇叭らっぱや軍歌に鼓舞されれば、何のために戦うかも問わず、欣然きんぜんと敵に当たることである。 芥川龍之介『或阿呆の一生・侏儒の言葉』より引用
  • 殊に小児と似ているのは喇叭らっぱや軍歌に皷舞されれば、何の為に戦うかも問わず、欣然きんぜんと敵に当ることである。 芥川竜之介『侏儒の言葉』より引用
  • 殊に小児と似てゐるのは喇叭らつぱや軍歌に鼓舞されれば、何の為に戦ふかも問はず、欣然きんぜんと敵に当ることである。 芥川竜之介『侏儒の言葉』より引用