次第を逐一

6 の用例 (0.00 秒)
  • 武松は、西門慶と嫂を殺した次第を逐一話して聞かせた。 施耐庵/駒田信二訳『水滸伝(二)』より引用
  • サアゆめをかへしてもらつたうへは、そのゆめ次第しだい逐一ちくいつタラハンじやううつたるつもりだ、これでも違背ゐはいがあるか。 出口王仁三郎『霊界物語 rm 71 20080623』より引用
  • それからガーネムはその乙女に、ありし次第を逐一話し、自分がどうして町の外で夜に襲われることになったか、どうして自分が乙女を箱の中から救い出すことになったか、またどうして、もし自分がいなかったら、乙女は地下に窒息ちつそくして生命いのちを落とすところであったかを、聞かせました。 佐藤正彰訳『千一夜物語 02』より引用
  • サア其方そのはうたくみの次第しだい逐一白状致ちくいちはくじやういたせばよし、いたさぬにおいては此方このはうにも了簡れうけんがあるぞよ。 出口王仁三郎『霊界物語 rm 50 20080623』より引用
  • まずファルネイユ夫人に会いに行き、事の次第を逐一話し、それから家に帰って、次のごとき手段で真相究明に乗り出した。 サド/澁澤龍彦訳『美徳の不幸』より引用
  • たちまちつて、貴治彦たかはるひこ御殿ごでん参向さんかうし、密使みつし次第しだい逐一奏上ちくいちそうじやうしたりける。 出口王仁三郎『霊界物語 rm 03 20080623』より引用