次第に頭角を現し

30 の用例 (0.00 秒)
  • 当初は軍人になる事を嫌がっていたが彼は銃の射撃が上手く軍隊において次第に頭角を現してきた。
  • 辺境の将軍の1人にすぎなかったが、軍事力を背景に次第に頭角を現すようになった。
  • 女優としては芽が出なかったが、監督へと活動を移すと次第に頭角を現すようになっていった。
  • 彼は青年トルコ党によりマッカの太守に任命され、次第に頭角を現していった。
  • 当初今川家に仕えるも出奔した後に織田信長に仕官し、次第に頭角を現した。
  • 賢臣伯宗の子として名を知られていた伯州犂は楚の朝廷でも次第に頭角を現していった。
  • 数度のメンバーチェンジを行ないながら次第に頭角を現していく。
  • 次第に頭角を現すチャップリン作品を支える形で、コップスは活動を続けた。
  • その後、各地を転戦する中で、次第に頭角を現し、若いながら優秀な指揮官として知られるようになる。
  • 彼の前半生については何もわかっていないが、ロンドンで下層階級に生まれたこと、自身の勤勉さと不屈の精神で次第に頭角を現したことが推測されている。
  • もともと劉謙の父である劉安仁は南海の商人であったが、唐の混乱期に乗じて次第に頭角を現して潮州刺史に任じられた。
  • モンケの即位後、クビライが次第に頭角を現すと、そのチェルビとなった。
  • また、自身も6か国語に通じた教養に通じる人物であったため、次第に頭角を現していく。
  • その中で次第に頭角を現した鄭芝龍は、倭寇集団解散の際には一部のメンバーを引き連れ、自らの水師の主要メンバーにしている。
  • 委員会の中でブハーリンは次第に頭角を現す。
  • ハンムラビは弱小国の王であったが北方のアッシリアと同盟し、次第に頭角を現した。
  • 次第に頭角を現し、1924年に『黒母坂』の敵役で牧野に認められ、出世作とした。
  • 神田辰之助の八段昇段をめぐる将棋界の分裂劇もあったが、八段の中でも実力抜群であった木村は次第に頭角を現していく。
  • 以降、離合集散する新派の世界で、男役として次第に頭角を現した。
  • 泰治は入党当初から、人を惹きつける魅力と指導力があったと評され、次第に頭角を現し、上毛自由党の指導者である宮部嚢らにも認められ自由党・東京本部からも一目置かれるまでになり交友関係を広げた。
  • 次へ »