次第に近づい

145 の用例 (0.01 秒)
  • 十津川は、次第に近づいて来る北海道の陸地に眼をやりながら、いった。 西村京太郎『札幌着23時25分』より引用
  • 赤い寛衣キトンを着た比沙子は次第に近づいて来て何か語りかけようとしていた。 半村良『石の血脈』より引用
  • 湖の中央の島の蔭から、小さな点のように見えたボートが次第に近づいて来た。 福永武彦『加田伶太郎全集』より引用
  • 北方の一角を残して四周は火の海となり、その火の海が次第に近づいていた。 坂口安吾『白痴』より引用
  • 締切日が次第に近づいているのに彼は何も手をつけていない。 遠藤周作『月光のドミナ』より引用
  • 僕らはその場で息をひそめたまま次第しだいに近づいてくる人の気配に耳をすませた。 清野静『時載りリンネ!1 はじまりの本』より引用
  • しばらくすると、廊下の方から話し声が聞こえ、それが次第に近づいてきた。 佐竹一彦『ショカツ』より引用
  • 砂に白くよごれた松の幹ごしに次第に近づく人々の体が少しずつ見分けられた。 遠藤周作『沈黙』より引用
  • そして、次第に近づいて来るのを見ていると、その姿はどうも女らしかった。 田中貢太郎『月光の下』より引用
  • 音は次第に近づき、やがて時雨しぐれの原の向うから馬にまたがった一人の男が現れた。 福永武彦『風のかたみ』より引用
  • それが次第に近づいてきて、ばくとした影がうす青い現実の山として現われてきた。 北杜夫『楡家の人びと (上)』より引用
  • 風のせいか遠くの音が次第に近づいてくる。 安部龍太郎『戦国秘譚 神々に告ぐ(上)』より引用
  • 次第に近づくその群を見るうち、私は思わずヘエッと声を立てた。 上坂冬子『おんなの一人旅』より引用
  • 不思議なことにその声は、はるか遠くのほうから、次第次第に近づいてくるようだった。 平岩弓枝『旅路(下)』より引用
  • 小学校を卒業する日が次第に近づいてきた。 三浦綾子『続泥流地帯 草のうた』より引用
  • フィリピンにおいて、ヨーヨーは現代の形状に次第に近づいていった。
  • 次第に近づいて来るのが、雷雲の迫って来るような無気味な圧迫感であった。 海音寺潮五郎『平将門 中巻』より引用
  • 遠く海岸通りの方から、パトカーのサイレンが次第に近づいてきた。 筒井康隆『『筒井康隆100円文庫全セット』』より引用
  • パパそっくりなやつが階段を上って次第に近づいてくる。 ディック/仁賀克雄訳『人間狩り ―ディック短編集』より引用
  • 姉の結婚は次第に近づいて来て居た。 島崎藤村『出発』より引用
  • 次へ »

次第に近づい の使われ方