次第に蒼ざめた

6 の用例 (0.00 秒)
  • マリ子は余に挨拶も返すことなく余の作業を眺めていたが、次第に蒼ざめた顔になった。 坂口安吾『中庸』より引用
  • 窓の外の風景が次第に蒼ざめた空気のなかへ没してゆくとき、それがすでにただの日蔭ではなく、夜と名付けられた日蔭だという自覚に、彼の心は不思議ないらだちを覚えて来るのだった。 梶井基次郎『冬の日』より引用
  • 窓の外の風景が次第に蒼ざめた空気のなかへ没してゆくとき、それが既にただの日蔭ではなく、夜と名附けられた日蔭だという自覚に、彼の心は不思議ないらだちを覚えて来るのだった。 梶井基次郎『檸檬』より引用
  • 窓の外の風景が次第にあおざめた空気のなかへ没してゆくとき、それがすでにただの日蔭ではなく、夜と名附けられた日蔭だという自覚に、彼の心は不思議ないらだちを覚えて来るのだった。 梶井基次郎『梶井基次郎全一巻』より引用
  • 百合子の顔色は、次第に蒼ざめた。 坂口安吾『南京虫殺人事件』より引用
  • 平戸先生は次第に蒼ざめた。 坂口安吾『犯人』より引用