次第に強盛

7 の用例 (0.00 秒)
  • これにより東突厥は次第に強盛となる。
  • この時の乙毘咄陸可汗の兵衆は次第に強盛となっていったので、西域諸国はふたたびこれに帰服した。
  • しかし、年を重ねても成功せず、匈奴は次第に強盛となり、侵入・略奪は日に日に激しくなっていった。
  • 永淳元年、彼らは5千余人で群盗をなし、九姓鉄勒を抄掠し、多くの羊馬を得て次第に強盛となっていった。
  • その後、南に移動して「三姓葉護」と号し、次第に強盛となり、廷州以西の諸突厥は皆これを畏れるようになった。
  • 斛瑟羅の政治が冷酷なため、民衆はこれに心服していなかったが、烏質勒が支配下の者をよく撫でて威信があったため、諸胡は彼に順附し、帳落が次第に強盛となった。
  • 永淳元年、阿史那骨咄禄らは5千余人で群盗をなし、九姓鉄勒を抄掠し、多くの羊馬を得て次第に強盛となっていった。