次第に強く

140 の用例 (0.00 秒)
  • これを繰り返せば次第に強く結合するファージが濃縮されていく。
  • その動きが次第に強く、また激しくなって行く。 長部日出『鬼が来た 棟方志功伝(下)』より引用
  • 風は次第に強くなって来る。 宮本百合子『貧しき人々の群』より引用
  • 光は次第に強くなって来る。 山田風太郎『戦中派不戦日記』より引用
  • で、その気持が次第に強くなってきて、やがて僕は月の光のさしてる岩角に腰掛けて待ち受けた。 豊島与志雄『道連』より引用
  • 仕掛けが切れて、それでその日の釣りはおしまい、雨が次第に強くなって来た。 阿川弘之『末の末っ子』より引用
  • 次第に強く揺れ動いては延び上がると思う間にいつかそれが本当の火焔に変っていた。 寺田寅彦『夢』より引用
  • 次第に強くなり鎮まらないので庭へ飛降りると、揺れが倍となり歩く事も出来ないほど揺れたと云う。
  • 朝から一度も太陽は姿を見せず、次第に強くなる西風が、山脈から厚い雲を運んできた。 小川洋子『沈黙博物館』より引用
  • 雨が次第しだいに強くなりはじめる。 乙一『きみにしか聞こえない CALLING YOU』より引用
  • 私はこの頃、絵とは、見えるものを描くのではない、むしろ見えないものを描くのだと、次第に強く思うようになりました。 安野光雅/藤原正彦『世にも美しい日本語入門』より引用
  • 雨季の雨が次第に強くなるころであった。 高木俊朗『全 滅』より引用
  • 次第に強い光を点じて来るようでもある。 海音寺潮五郎『平将門 中巻』より引用
  • 空気の流れが次第に強くなり、息をついてはさっと地面を掠め過ぎる。 豊島与志雄『真夏の幻影』より引用
  • 神経も次第に強くなった。 国枝史郎『銀三十枚』より引用
  • 何にもせよこんな不思議な現われは世にないことであるから、どうなるかを最後まで見ようと皆の思っているうちに雨になり、次第に強い降りになってきそうであった。 与謝野晶子『源氏物語』より引用
  • 帆足の言葉が聞こえたのか、聞こえないのか、乗客のうめき声は次第に強くなってくるようである。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • パーティがはじまった頃から風は次第に強くなり、波も高かった。 吉村達也『南太平洋殺人事件』より引用
  • これに伴い、現実政治に対する批判と併行して、真の政治を行なう必要性が次第に強く感じられてきたものと想像される。 プラトン/戸塚七郎訳『饗宴』より引用
  • その光は、次第に強くなってゆき、やがて、船体全体も、輝き始める。 岩本隆雄『イーシャの舟』より引用
  • 次へ »