次第に強く

140 の用例 (0.00 秒)
  • その火のいきおいが次第に強くなりて抑えきれぬために我が家まで焼くに至った。 正岡子規『恋』より引用
  • その難関を突き抜けて行くうちに次第に強く生きる力を与えられます。 上村松園『今日になるまで』より引用
  • 私にはわからなかったが、ただ、その男が心の中で次第に強く推測されてきた。 ヴィドック/三宅一郎訳『ヴィドック回想録(2)』より引用
  • 処刑が近づきつつあるのだという思いが次第に強くなってきた。 カヴァン『氷』より引用
  • 顔に浮かべた、歪んだ笑みが、次第に強張こわばってくるのが、自分に分かった。 津村秀介『湖畔の殺人』より引用
  • もう一と月ばかり前から、彼女に対する僕の関心が次第に強くなって行くのに気が付いた。 ツルゲーネフ/米川正夫訳『片恋・ファウスト』より引用
  • その代りにステパンは世間を脱離したと云ふ感じが次第に強くなつた。 森林太郎『パアテル・セルギウス』より引用
  • 風は次第に強く、やがてその黒木の山に薄らかに雲が出て來た。 若山牧水『みなかみ紀行』より引用
  • 実は余程前から或る希求に伴う不安の念が、次第に強くなって来た。 森鴎外『青年』より引用
  • それに牧野さんは最近インポテンツの傾向が次第に強くなつてゐた。 坂口安吾『牧野さんの死』より引用
  • その麻痺させる夢と格闘しているうちに、嫌悪感が次第に強くなった。 ムーア『大宇宙の魔女―ノースウェスト・スミス』より引用
  • 文芸日本の人たちの言は次第に強く広く行われるであろう。 伊藤整『太平洋戦争日記(二)』より引用
  • ファーストレディの影響力は225年の歴史を経て次第に強くなっていった。
  • 受ける感触が次第に強くなり、彼女が指に力をせてきはじめたのを感じた。 乙一『さみしさの周波数』より引用
  • 潮のにおいが次第に強くなって、河岸かしを洗う波の音がだんだん高くなってきた。 横溝正史『誘蛾燈』より引用
  • その代りにステパンは世間を脱離したと云う感じが次第に強くなった。 森鴎外訳『諸国物語(下)』より引用
  • 河風かわかぜ湿しめッぽさが次第に強く感じられて来て浴衣ゆかたの肌がいやに薄寒くなった。 永井荷風『すみだ川』より引用
  • 北西の風は次第に強くなり、ピルグリム号は二十四時間に百六十マイルの速度で進んだ。 ヴェルヌ/土井寛之・荒川浩充訳『少年船長の冒険』より引用
  • 車は次第に強くなって来る雨の中を羽田空港に到着した。 松本清張『日本の黒い霧(上)』より引用
  • 見間違いかと思った発光は次第に強くなり、しばらくして穴から小さな蛇が生まれた。 池上永一『シャングリ・ラ 下』より引用
  • 次へ »