次第に対立を深め

14 の用例 (0.00 秒)
  • 両家は当初協力関係にあったが、次第に対立を深め衝突するようになった。
  • 彼の周囲にはなお反カンタクゼノス派の有力者や市民が集まり、次第に対立を深めていく。
  • ところでオランダ東インド会社とイギリス東インド会社は東南アジアの香料貿易をめぐって次第に対立を深めていた。
  • しかし、両者は次第に対立を深めていく。
  • しかし、劉湘と劉文輝は次第に対立を深めていき、ついに1932年秋から両者の角逐戦が展開されることになる。
  • しかし、改革を進めようとする内閣と、権力を維持したい国王は次第に対立を深め、1960年、マヘンドラは憲法を停止して内閣・議会を解散、コイララ首相ら政党指導者を逮捕した。
  • しかし、改革を進めようとする内閣と、権力を維持したい国王は次第に対立を深め、1960年、マヘンドラはクーデターを起こして憲法を停止し、内閣・議会を解散してコイララ首相ら政党指導者を逮捕した。
  • 永正15年8月に義興が領内の事情などから管領代を辞して帰国し、続いて畠山尚順も同様の理由で帰国すると、残された義稙と高国は次第に対立を深めていった。
  • 彼らは、康有為らの今文公羊学に眉を顰めながらも、それについては一旦棚上げして変法に賛同したのであるが、京師大学堂の教育内容や孔子紀年をめぐって次第に対立を深めていくようになる。
  • 豪放なバルボアと猜疑心の強いダビラは反りが合わず、次第に対立を深めていく。
  • 馬子の死後は、子の蘇我蝦夷が大臣を継いで朝政を主導するが、摩理勢も蘇我氏族内の有力一門として発言力を保ち、蘇我氏内部においても朝廷政治においても蝦夷の対抗勢力となり、次第に対立を深めていく。
  • テーバイにおける災厄の原因追求を巡って、オイディプース王はクレオーンの野心を疑うようになり、両者は次第に対立を深めていく。
  • しかし、守護 京極政経の代に入ると、政経は守護代 尼子経久と次第に対立を深め、政経が経久を追放すると、その翌年には尼子経久が奇襲を持って主家を攻め、主君より領土と実権を奪い、出雲守護となった。
  • しかし、三好家中における主導権争いから久秀とは次第に対立を深め、11月16日に飯盛山城にいた義継を高屋城へ移し、義継を説き伏せ久秀討伐の大義名分を獲得、永禄9年に入ると両者は交戦状態に突入した。