次第に多くなり

20 の用例 (0.00 秒)
  • サンフランシスコの北側の海岸山脈は霧と雨が次第に多くなってきている。
  • 武士も町人も、大人も子供も走り、人数は見ている間に次第に多くなった。 藤沢周平『三屋清左衛門残日録』より引用
  • 自分の親しかった者と死別することが次第に多くなったためである。 三木清『人生論ノート』より引用
  • そしてその休暇には彼は旅をすることが次第に多くなった。 豊島与志雄『過渡人』より引用
  • 思いがけなく来る通信に黒枠のものが次第に多くなる年齢に私も達したのである。 三木清『人生論ノート』より引用
  • それでも城壁の上まで到達する敵の数は次第に多くなった。 エディングス『エレニア記5 聖都への旅路』より引用
  • 鉄道技師のなかには広軌改築の実現を構想する者が次第に多くなる。 橋本克彦『日本鉄道物語』より引用
  • やはり自分で階段を降りてゆくこともあったが、鐘を用ゆることが次第に多くなった。 豊島与志雄『蔵の二階』より引用
  • やがて味方の損傷よりも戦果の報告が次第に多くなってきた。 池上永一『シャングリ・ラ 下』より引用
  • 煙突の煙の量が次第に多くなっていくようだった。 新田次郎『孤高の人』より引用
  • その先の峡にも、またその先にも、雲煙が次第に多くなって来る。 野上豊一郎『吹雪のユンクフラウ』より引用
  • ビルマ方面の戦争の予想記事が次第に多くなった。 伊藤整『太平洋戦争日記(二)』より引用
  • 死体の数は次第に多くなった。 高木俊朗『全 滅』より引用
  • その隔りが次第に多くなって、遂にこんなものに誤解されてしまったのであります。 喜田貞吉『特殊部落の成立沿革を略叙してその解放に及ぶ』より引用
  • 王はそれから食事が次第に多くなって、日に日になおっていった。 蒲 松齢『嬰寧』より引用
  • 宿直室の窓に、雪のちらつく夜が次第に多くなって行った。 平岩弓枝『旅路(上)』より引用
  • 千人針がいったい何の役に立つのかという疑問よりも、こんな光景が次第に多くなってくることが不安だった。 西村京太郎『浅草偏奇館の殺人』より引用
  • 追跡者の数は次第に多くなってきた。 横溝正史『青い外套を着た女』より引用
  • 今まではよけいな取越し苦労をしなかったというだけでなく、実際にまた弊害も次第に多くなって来た。 柳田国男『年中行事覚書』より引用
  • 海軍の内部でも仏領インドシナなどの地下資源を獲得する意味もあって、開戦を主張する者が次第に多くなってきた。 辺見じゅん『完本 男たちの大和(上)』より引用