次第にその

536 の用例 (0.01 秒)
  • 次第にその動きを増していく胸の鼓動こどうおさえつつ音のひびきを耳で拾って。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第16巻』より引用
  • 次第しだいにその音が大きくなっていっても、彼女はみとめようとはしなかった。 和田篤志『異世界の聖機師物語』より引用
  • 七十歳になった家康は、次第にその差に不安を禁じ得なくなったのだ。 山田風太郎『叛旗兵』より引用
  • 暗青色の空が、次第にその色を失い、あたりが透明な光に包まれ出した。 藤田宜永『過去を殺せ』より引用
  • その後さらにいくつかの化石が発見され、次第にその姿が明らかになった。
  • 青い光はゆっくりと、だが確実にふくらみ、次第にその力を大きくする。 流星香『プラパ・ゼータ 4 玻璃色の迷宮』より引用
  • そして次第にその入出力を脳の中でのみ回すことも出来るようになる。 養老孟司『バカの壁』より引用
  • 新市街の商業と行政の中心地は、次第にその方向へ、北側へ移動し始めた。
  • 灯は次第次第にその数を増し、周囲の山全部が灯で埋まるように見えました。 新田次郎『新田義貞(上)』より引用
  • 彼女は次第にその美を鼻にかけるようになり高慢となったという。
  • 少佐はすっかり驚いて聴いていたが、次第にその眼は怒りに燃えはじめた。 ダイン/井内雄四郎訳『ベンスン殺人事件』より引用
  • しかし、次第にその反対は明け透けに女嫌いの言葉が出るようになった。
  • 石子刑事は息を殺して白骨が次第にその全部を現わして来るのを見つめていた。 甲賀三郎『支倉事件』より引用
  • つまり、このままでは、島の生物は次第にその種数を減らしてしまう。
  • 生の最初の瞬間から死が働き始め、次第にその切迫性を増し始める。 中山元『フーコー入門』より引用
  • 爆発は数回にわたって繰り返され、次第にその高さを増して行った。 新田次郎『昭和新山』より引用
  • それが次第にその羈絆きはんを脱して、自由を得て、個人主義になって来たのだ。 森鴎外『青年』より引用
  • 二人が進むにつれて、次第にその顔つきがはっきり見えてきた。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(2)』より引用
  • 次第にその古典語から現代的言語のヒンディー語やペルシア語になっていった。
  • しばらくして、次第にその麓に近づいて行くと、山は馬首の右手になった。 施耐庵/駒田信二訳『水滸伝(七)』より引用
  • 次へ »