次伊藤博文内閣

9 の用例 (0.00 秒)
  • 最も集中的に弾圧されたのは、1893年末から翌年の正月にかけての第二次伊藤博文内閣に迫ったときである。
  • 第3次伊藤博文内閣は、軍備の拡張を図るために地租の増徴を行なおうとした。
  • ただし、政党との提携を模索していた第2次伊藤博文内閣後期から最初の政党内閣である第1次大隈重信内閣にかけては政党員が知事に任命される例が続いた。
  • 東京帝大文科大学長を経て同総長・貴族院議員、第3次伊藤博文内閣の文部大臣などを務めた。
  • 第1次伊藤博文内閣の薩長出身閣僚は、元勲のなかでも後に元老となる中核的メンバーであった。
  • 第1次伊藤内閣よりもバランスよく元勲が揃った第2次伊藤博文内閣は「元勲内閣」と呼ばれた。
  • 第四議会では、院内総理として自由党を指導し、予算をめぐり、第2次伊藤博文内閣と対立した。
  • 明治年間は、首相の指名は元老内部のたらい回しであったものの、藩閥間の対立に加えて重臣・枢密院・軍部・官僚・政党などを巻き込んだ倒閣運動は日本最初の第1次伊藤博文内閣を襲った「明治20年の危機」以来、しばしば発生していた。
  • 日清戦争による好景気、および、下関条約によって清から賠償金を得たことにより、第2次伊藤博文内閣の西園寺公望文相が「清国賠償金ノ一部ヲ東京及京都ノ帝国大学基本金トシテ交付セラレンコトヲ請フノ議」を、首相宛に執筆し、京都帝国大学の設置を主張した。