次に

全て 副詞
22,858 の用例 (0.03 秒)
  • そして次にきた恐ろしい運命から逃れることが出来たかも知れなかったのだ。 海野十三『恐竜島』より引用
  • 次に生活技術といふ点になりますと、明治末期以来非常に退歩してゐます。 岸田国士『日本人のたしなみ』より引用
  • それから、一行おいてその次に、また書きつけてある文句がありました。 海野十三『怪塔王』より引用
  • これならば、きかぬはずがあるまいと、次には、濃いのをかけて見ました。 小川未明『近頃感じたこと』より引用
  • 次にさくがあって、柵のうしろにはさらに別な事務局がいくつもあるんです。 原田義人『城』より引用
  • けれどもその次に二人が會つてみると、お互にさう勉強もしてゐなかつた。 久米正雄『受験生の手記』より引用
  • 次に呼び入れられたのは井戸から死体の出た当時、検視した医師である。 甲賀三郎『支倉事件』より引用
  • 私はこれだけの結果を用いて次に空間に就いての一つの問題を解こうと思う。 戸坂潤『範疇としての空間に就いて』より引用
  • 次に反対が形式論理的矛盾でないことは注意するまでもない。 戸坂潤『科学方法論』より引用
  • 次に浮きざまにひるがえった帯は、翼かと思う波を立てて消え、紳士も沈んだ。 泉鏡花『神鷺之巻』より引用
  • 次にはすべてのものがみな急に動かなくなったという知覚がきた。 ポー・エドガー・アラン『落穴と振子』より引用
  • が、次に起こった恐ろしい情景を、彼はいつまでも忘れかねるのである。 ストレイチー・リットン『エリザベスとエセックス』より引用
  • そうして次に気がついた時、彼は、牛小屋の中に寝ていたのである。 海野十三『火星兵団』より引用
  • それから男と女の二人連れ、その次に長助、すべて前に云った通りである。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • が、その次に感じたのは、たしかに学問的な満足だったことを白状します。 三上於菟吉『入院患者』より引用
  • 刺激地獄、次に次にと刺激を求めて行って飽くことを知らぬ地獄であります。 岡本かの子『仏教人生読本』より引用
  • 夫人が次にめくったD紙の社会面にはこんな記事が簡単に載っていた。 岡本かの子『バットクラス』より引用
  • 逸作は息子に次に送るなりの費用の胸算用むなざんようをして居るのであろう。 岡本かの子『かの女の朝』より引用
  • また怪塔王は、次にどんなことをやろうと考えているのでしょうか。 海野十三『怪塔王』より引用
  • そして、それらの天才の歩いた道を、その次によく調べてみることである。 岸田国士『新劇の黎明』より引用
  • 次へ »