次に私

135 の用例 (0.00 秒)
  • しかしこの次に私と会う時、その素振そぶりを変えないようにして下さいよ。 エミリー・ブロンテ/大和資雄訳『嵐が丘』より引用
  • 此の博物館の次に私のカイロで感心したものは、囘教建築の美であつた。 浜田青陵『埃及雑記』より引用
  • 次に私が気のついたのは、その手紙にはどれも名前が出てこないことでした。 クリスティ/松本恵子訳『危機のエンドハウス』より引用
  • 次に私にはとうとう私の生活の内容をみな告白しなければならない時が来た。 梶井基次郎『梶井基次郎全一巻』より引用
  • 次に私が航海から戻って来ましたとき、彼女が結婚したことを聞きました。 ドイル/鈴木幸夫・鮎川信夫・内田庶・中尾明訳『シャーロック・ホームズ全集(下)』より引用
  • 次に私は簡単に主なる批判者の批判を個々に批判してゆくであらう。 平林初之輔『諸家の芸術価値理論の批判』より引用
  • その次に私どもの子供の持っているさまざまの能力ちからのことです。 羽仁もと子『おさなご』より引用
  • その次に私が片山氏に会ったのは戦争が終った二十年の秋の末ごろだったと思う。 石川達三『心に残る人々』より引用
  • 次に私が上京したとき、初対面の婦人雑誌の編集者がホテルに訪ねて来た。 高井有一『立原正秋』より引用
  • 次に私の過去の旅行の数々の出来事が眼前にパノラマのごとく彷彿ほうふつとした。 ヘディン/岩村忍訳『中央アジア探検記』より引用
  • 次に私のやることは、かくまでの不幸の原因であったあの獣を捜すことであった。 ポー・エドガー・アラン『黒猫』より引用
  • 次に私は私の色盲検査表の特徴について少しく申し述べたいと存じます。 石原忍『色盲検査表の話』より引用
  • 次に私はふたたび戦闘を開始するように美しい戦士をまねいた。 カザノヴァ/田辺貞之助訳『カザノヴァ回想録 第一巻』より引用
  • 次に私が酒をのんでいることがどこからか母の耳に入った。 梶井基次郎『梶井基次郎全一巻』より引用
  • その次に私はふと母のことを思い出したのだ。 梶井基次郎『梶井基次郎全一巻』より引用
  • 次に私が何を言うかが気になるのだろう。 藤田宜永『標的の向こう側』より引用
  • 次に私は愛の種類について考えねばならない。 倉田百三『愛と認識との出発』より引用
  • 次に私が村費をいかように使っているか。 坂口安吾『中庸』より引用
  • 結局お風呂には先に絹代が入り、その次に私がシャワーを借りた。 綿矢りさ『蹴りたい背中』より引用
  • 次に私のところに来て同じようにした。 川上弘美『蛇を踏む』より引用
  • 次へ »