次に目

125 の用例 (0.01 秒)
  • とにかく、次に目を開けたとき、俺は自分の部屋のベッドの上にいた。 谷川流『涼宮ハルヒの驚愕(後)』より引用
  • 次に目を覚ました時には、フェルツヴェンの病院の、ベッドの上にいた。 枯野瑛『銀月のソルトレージュ01 ひとつめの虚言』より引用
  • というのも、次に目をあけてみると、相手は目の前から消えていたからだ。 クイーン/石川年訳『日本庭園殺人事件』より引用
  • 次に目を開けたとき、窓から差しこむ光の位置が少し上にずれていた。 角田光代『ピンク・バス』より引用
  • 次に目を開けたときには、もう氷のような思考力が戻っていた。 九里史生『SAO Web 0406 第八章01』より引用
  • 次に目に飛び込んできたのは、地獄絵のような事務所の光景だった。 堀ノ内雅一『指紋捜査官 「1cm2(平方センチ)の宇宙」を解き明かした男の1万日』より引用
  • 次に目を開いたときにも自分がここにいるかどうかなんて、だれにもわかりはしない。 竹宮ゆゆこ『ゴールデンタイム 03巻 仮面舞踏会』より引用
  • しかし、次に目を開けた時、わたしは公園のベンチに座っていました。 小林泰三『玩具修理者』より引用
  • 次に目を開けたのは、エンジンの始動による振動を感じたからだった。 森博嗣『G 04 εに誓って (講談社ノベルス)txt形式』より引用
  • が、次に目を上げたときには、また決然とした表情を浮かべていた。 宮部みゆき『模倣犯 下』より引用
  • 次に目が覚めた時、宗一はトモ子にその時はトイレに行っていたと答えた。
  • 意識を失う直前、次に目が覚めた時には人間界なのだと、覚悟は決めていた。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録01 天を騒がす落とし物』より引用
  • 次に目をましたときには、テレビは赤紫の走査線だけの画面に変わっていた。 阿刀田高『自選恐怖小説集 心の旅路』より引用
  • 次に目を開けると現実はちゃんと元通りのしっかりした線を持って戻ってきていた。 角田光代『ピンク・バス』より引用
  • 次に目に入ったのは、茶色の紙でくるまれた薄汚れた小さな包みだ。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 01 ハリー・ポッターと賢者の石』より引用
  • ジョアン4世が次に目をつけたのがイングランドとの同盟である。
  • 次に目を転じてまん中を見るとまん中には大分県おおいたけんが宙返りをしている。 夏目漱石『吾輩は猫である』より引用
  • 次に目をさましたときには、からだもずっと楽になり、頭もはっきりとしていた。 栗本薫『真夜中の天使4』より引用
  • 次に目が覚めた時、最初に視界に入ったのは眼鏡をかけた温厚そうな男の顔だった。 福井晴敏『終戦のローレライ(上)』より引用
  • 次に目をさましたときには、どういうわけだか、彼は町の中を歩いているのだった。 安部公房『飢餓同盟』より引用
  • 次へ »

次に目 の使われ方