次に来る

159 の用例 (0.00 秒)
  • このままだと、次に来たときには、倍の二万円を要求するかもしれない。 西村京太郎『歪んだ朝』より引用
  • 次に来る言葉を、俺はきっと真剣に受け止めなければならないんだろう。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第11巻』より引用
  • 破壊はもちろん次に来る建設のための準備として非常にしばしば必要である。 ラッセル/日高一輝訳『幸福の獲得について』より引用
  • 次に来た日には、あんたは死体となって、ミイラ化しているってわけだ。 南里征典『武蔵野薔薇夫人』より引用
  • 次に来るときには、もう少しはっきりしたことが言えるようにしておくよ。 三雲岳斗『少女ノイズ (光文社単行本)』より引用
  • 次に来た時は白骨化せず、そのままの姿で私を迎えてくれるのではないか。 岩井志麻子『楽園(ラック・ヴィエン)』より引用
  • 次に来る時はアリシアではなく、灯里のゴンドラに乗ることを約束する。
  • 子供が動物とお友達になった場合、次に来る言葉は大抵たいてい予想がつくもんだ。 喬林知『今日からマ王 第13巻 「これがマのつく第一歩! 」』より引用
  • 次に来るときは、ちょっと豪華なケーキにしたほうが良いかもしれない。 佐竹彬『カクレヒメ 第02巻』より引用
  • 上人は、その次に来た若い婦人には名号みょうごうの札を二枚やったのであります。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • その門三郎の表情から、藤吾は次に来る言葉を観念して、視線を落した。 城山三郎『逃亡者』より引用
  • 大友皇子は次に来る時の目印として、自分の笠をその場に置いていった。
  • 彼等は次に来るであろう敵軍の上陸を予想して、ひどく苛立いらだち興奮していた。 中山義秀『碑・テニヤンの末日』より引用
  • さっき来たのが産業新聞と毎朝新聞だから、次に来るとしたら奴しかいない。 池上永一『あたしのマブイ見ませんでしたか』より引用
  • レナだって転校生だったのに、その次に来た俺に世話をしてくれたもんな。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 08 祭囃し編』より引用
  • 村人達は伝令から、次に来る捕虜達が2列で来ることを知らされていた。
  • も、もしよかったら、次に来る時は僕の古いカメラを持ってくるよ。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 08 祭囃し編かけら&TIPS』より引用
  • その男は、だがすぐには中へ進もうとせず、次に来る者を待つ姿勢になった。 眉村卓『不定期エスパー3』より引用
  • 次に来るとなくなっていたから、生きていて食べているのだろうと都合よく解釈した。 今野緒雪『マリア様がみてる 08 いとしき歳月(後編)』より引用
  • そこで、次にきたるべきものは、その蒸気機関に使用すべき燃料のことです。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • 次へ »