次に掲げる周波数の電波

5 の用例 (0.00 秒)
  • 総務省令 電波法施行規則第6条第4項第2号に「無線電話用で使用するものであつて、次に掲げる周波数の電波を使用するもの」と定義されている。
  • 総務省令電波法施行規則第6条第4項第2号に「移動体識別用で使用するものであつて、次に掲げる周波数の電波を使用するもの」と定義している。
  • 総務省令 電波法施行規則第6条第4項第2号に「ラジオマイク用で使用するもの」と定義され、「次に掲げる周波数の電波を使用するもの」としている。
  • 総務省令 電波法施行規則第6条第4項第2号に「聴覚障害者の補聴を援助するための音声その他の音響の伝送を行うラジオマイク用で使用するもの」と定義され、「次に掲げる周波数の電波を使用するもの」としている。
  • 総務省令電波法施行規則第6条第4項第2号に「次に掲げる周波数の電波を使用するものであつて、総務大臣が別に告示する電波の型式及び周波数並びに空中線電力に適合するもの」と定義され、以下、用途と周波数帯が定められている。