次に彼

198 の用例 (0.00 秒)
  • しかし、次に彼が口にした言葉は信じがたいものだった。 高遠砂夜『レヴィローズの指輪01』より引用
  • 次に彼の現実主義は何よりも出家仏教に満足しなかった。 三木清『親鸞』より引用
  • 次に彼自身が現われ、この奇妙な男と次第に知り合う時期が始った。 ヘッセ/永野藤夫訳『荒野の狼』より引用
  • 次に彼は逗留客がホテルに入った時間を調べていった。 海野十三『蠅男』より引用
  • ほかの娘たちは、だれが次に彼と踊るかと言うことについて争いをはじめるもなかった。 E・E・スミス/小西宏訳『(レンズマン・シリーズ2) グレー・レンズマン』より引用
  • 次に彼は生命現象こそ最後にのこされた神秘の不可侵の領域であると考へた。 平林初之輔『文学方法論』より引用
  • だが、次に彼が見た光景はさらに意外なものだった。 吉村達也『逆密室殺人事件』より引用
  • その次に彼が眼を覚ましたときには、だいぶ体も回復していた。 横溝正史『呪いの塔』より引用
  • 次に彼は着物の袖から右手を出して見せましたが、私は、その手が切られているのを見ました。 佐藤正彰訳『千一夜物語 01』より引用
  • 次に彼は僕の左の眼球に対しても同じことをした。 村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 1』より引用
  • 次に彼が考えたのは、浴室のドアのノブを利用する方法だった。 深谷忠記『横浜・修善寺0の交差 「修禅寺物語」殺人事件』より引用
  • 次に彼は二人を残して、庭に出てゆきました。 佐藤正彰訳『千一夜物語 07』より引用
  • 次に彼の親友メリメが彼女に熱を上げて、短い期間ではあるが彼を絶望に陥らせた。 スタンダール/大久保和郎訳『赤と黒(下)』より引用
  • 僕は次に彼と会った時彼を後から射ちました。 赤川次郎『マリオネットの罠』より引用
  • 次に彼はまったく本気に返って、驚きと感嘆との声をもらした。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • だが、次に彼の紫がかった唇から出たことばは、まさに摂子の期待通りであった。 夏樹静子『死刑台のロープウェイ』より引用
  • 次に彼は、共通の友人はわたしよりも彼を好いていることを証拠にしてわたしの侮辱にかかった。 ルソー/桑原武夫訳『告白(下)』より引用
  • 次に彼は、似たような実験的な不足によって鉛の増大を隠されていた食品に目を向けた。
  • でも、次に彼が言ったことはとてもロマンティックだったわ。 森瑤子『渚のホテルにて』より引用
  • 次に彼の名が出てくるのはドミティアヌスが暗殺され、ネルウァが皇帝になったときである。
  • 次へ »

次に彼 の使われ方