次に彼

198 の用例 (0.00 秒)
  • 次に彼が何かを考える瞬間は、継続した時間の延長に存在するのだった。 新津きよみ『女友達』より引用
  • 次に彼はドアを開けて外に出、エレベーターの呼び出しボタンを押した。 小池真理子『墓地を見おろす家』より引用
  • 次に彼は、口が頭のまわり全体に及んでいる巨大な怪物の像へ案内した。 バローズ『火星シリーズ06 火星の交換頭脳』より引用
  • 次に彼は彼女を舌の先で後始末し、彼女は彼の体を同じようにきれいにした。 アポリネール/須賀慣訳『一万一千本の鞭』より引用
  • 次に彼が目をつけたのは第一次世界大戦の影響で日本で不足しつつあった金属であった。
  • 次に彼がしなければならないことは、本部に連絡することだった。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『09 恐怖の巨人衛星』より引用
  • 次に彼が活躍したのがロスバッハの戦いで、そこで二度負傷している。
  • 次に彼から電話がかかってくるのがいつになることやら。 森瑤子『TOKYO愛情物語』より引用
  • だが、次に彼の口をついて出てきたのは、毒のあることばだった。 井上祐美子『五王戦国志4 黄塵篇』より引用
  • その次に彼の眼に付いたものは彼女の持っている鼓であった。 国枝史郎『開運の鼓』より引用
  • 次に彼は一度死体をはだかにしてみると言い出した。 江戸川乱歩『江戸川乱歩全短編01 本格推理Ⅰ』より引用
  • 次に彼はこのD線を見るための光源として太陽の光を用いてみた。 片山泰久『量子力学の世界』より引用
  • 次に彼はどこで支配人を殺すかということについて考えました。 小酒井不木『玉振時計の秘密』より引用
  • 次に彼は、かたわらに立っている、太ったマリーナ・イワーノヴナに挨拶した。 宮本百合子『街』より引用
  • 次に彼に会ったのは十六日、前皇帝の埋葬に、公使らと出席したときである。 服部まゆみ『一八八八 切り裂きジャック』より引用
  • 次に彼は当時ウィルソンが主張していた国際平和聯盟を痛烈に批判している。 豊田穣『松岡洋右――悲劇の外交官――(上)』より引用
  • 次に彼に会う機会があったら、この言葉を投げかけようと思っている自分がいる。 新津きよみ『女友達』より引用
  • 次に彼の目に映ったのは、波打つような反射光のつらなりであった。 田中芳樹『アルスラーン戦記外伝 東方巡歴』より引用
  • 次に彼は客の一人一人を観察していった。 東野圭吾『幻夜』より引用
  • 次に彼が私の前にあらわれた時は、文藝春秋のチーフカメラマンであった。 矢口純『酒を愛する男の酒』より引用
  • 次へ »

次に彼 の使われ方