次に何

189 の用例 (0.00 秒)
  • 秘書からの電話を切った一成は、次に何本かのナンバーをダイヤルした。 森村誠一『野性の証明』より引用
  • 三木が次に何をしてくるかなんて僕にはわからないんだから。 宮谷シュンジ『絶望の世界 1光と影の世界 ~僕の日記・迷走編~』より引用
  • 次に何が起こるか予想できず、しかしそれら全てに自分で立ち向かえる日々。 林亮介『和風Wizardry純情派 2』より引用
  • そのあまりの綺麗きれいさに一瞬いっしゅんだけ次に何をするかが頭の中から飛ぶ。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第16巻』より引用
  • 他の者も彼女が次に何を言うのかを待っていた。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス08 ミキシング・ノート』より引用
  • 彼には次に何をいわれるかがわかっていたのだ。 マクリーン『ナヴァロンの要塞』より引用
  • それで次に何をしようかと考えた時、やはりわたしには尺八しかないと思ったのね。 永沢光雄『風俗の人たち』より引用
  • そうして、次に何がおこるか、彼には手にとるようにわかっていた。 クラーク『都市と星』より引用
  • コーヒーをいれ、キッチンの中を歩き回って、次に何をすべきかを考えた。 パトリシア・コーンウェル『証拠死体』より引用
  • そこまで女性を暇にして、女性に対して次に何を与えるか。 養老孟司『バカの壁』より引用
  • 改革の次に何が来るかだッてわかりはしない。 吉川英治『私本太平記』より引用
  • 電話台の前に立ったまま、私は次に何をすべきなのか迷った。 沢木耕太郎『一瞬の夏』より引用
  • 次に何をしようか、そしてそれが終わったらその次は二人で何をしようか、またその次は? 森瑤子『ある日、ある午後』より引用
  • 次に何をすれば良いのかぼくは考えていた。 コニイ『ハローサマー、グッドバイ』より引用
  • 仲丸さんの前で、ぼくは次に何を言うべきかわからないでいる。 米澤穂信『秋期限定栗きんとん事件〈上〉』より引用
  • 怒りのあまり、ハリーは次に何が起ころうとかまうもんかと思った。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 05a ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(上)』より引用
  • 質問は、部屋の中で起ったことに関して、証人は次に何をしたかということです。 ガードナー/鮎川信夫訳『すねた娘』より引用
  • 次に何が来るか解っているのか、翡翠の吐息は甘えているように聞こえた。 奈須きのこ『歌月十夜 08 タナトスの花』より引用
  • 次に何か云おうとした時、彼は頬の筋肉がぴくぴく震えるのを覚えた。 豊島与志雄『反抗』より引用
  • 陽子は次に何が起こるのかを知っている。 同人『十二国記』より引用
  • 次へ »

次に何 の使われ方