次々と破壊

46 の用例 (0.00 秒)
  • プロレスをつつんでいる暗黙の了解という安全弁を、タイガーは次々と破壊していったのである。 村松友視『七人のトーゴー』より引用
  • 大東女子大学のサイクリング部が合体して超獣になり、TAC基地のレーダーを次々と破壊する。
  • その過程で物体と物体が重なり、突き破り、次々と破壊はかいされて、その破片がなおあらしを作り続ける。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第08巻』より引用
  • 工事に伴い、沿線の古窯跡が次々と破壊されるのを憂いた企業家であり、古陶磁の研究家でもあった本多静雄は、持ち込まれる出土品を買い集めた。
  • 遂に従業員は暴徒化し、吉松が抜身の日本刀を持ち出すと、他の者達もハンマーや棍棒などを手にして、事務所や工場、発電所などを次々と破壊し始めた。
  • この改修と明治大改修で輪中の必要性は徐々に薄れ、輪中の存在が交通の不便を生んでいたこともあって、輪中は次々と破壊されていった。
  • ジャンク内部のデータを次々と破壊し、アシストウェポンのプログラムを消滅させた上に、グリッドマンのエネルギーを急速に消耗させ再度窮地に陥れる。
  • 武史のコンピュータが次々と破壊されていく中、グリッドマンを道連れに最後の攻撃を仕掛けようとするも、グリッドハイパービームを喰らい、破壊の中心部に押し戻され、そのまま消滅した。
  • しかしゴジュラス打倒には荷が重く、その巨体とパワーの前に次々と破壊され、帝国軍は真の対ゴジュラス用ゾイドであるアイアンコングが開発されるまで、後述する改造機などで戦線をしのいだ。
  • その頃、インペルダウンのレベル6に幽閉されていた海賊「バーンディ・ワールド」が脱獄し、かつての仲間を引き連れ、各地の島や海軍を次々と破壊していくという事件が起こる。
  • 火山泥流はトートル川やカウリッツ川を数kmにわたって時速約30kmで流れ落ち、橋を次々と破壊していった。
  • しかし、最終的な解決をみないまま、12世紀末から13世紀初頭にかけて、イスラーム王朝であるゴール朝の北インド侵攻によって、ナーランダー大僧院、ヴィクラマシーラ大僧院といったインド仏教拠点が次々と破壊され、インド仏教はその歴史を閉じることになり、その課題は後継であるチベット仏教に残されることになる。
  • GARPは照準器に自殺をコマンド、十四機の白血球を対論理爆弾の陣形じんけいに組み直し、次々と破壊されていくゲイトウェイをかわしながら光の速度で2847にせまる。 秋山瑞人『E.G.コンバット』より引用
  • しかし、ダイルの命を捨てた行動でZAPクルーが救出され、本気を出したレイの指示によって反撃を開始したゴモラ達によって次々と破壊されていき、最後はペンドラゴンの放ったペダニウムランチャーによって全滅する。
  • ギロ星人により掘削された地中トンネルから都市部へ出現し、ビルを次々と破壊し、都市部を壊滅状態に追い込み、ウルトリアの光子レーザーも高速回転で跳ね返す。
  • 旧アニメ版のように「サイボーグヒーローが悪役ロボットを次々と破壊する痛快さ」は作品のほんの一部であり、むしろ全編は暗いペシミズムで覆われ、「人間への憎悪と復讐心」に満ちた新造人間の姿と、彼等を生み出す事になった世界の退廃した時代背景を描くことに重点が置かれた。
  • GJCサマーレースでは、プロトセイバー戦隊を引き連れたカイも参戦する事になるが、プロトセイバー戦隊は連携による空気砲の連続攻撃で参加レーサー達のマシンを次々と破壊していき、第一セクションからレースは大惨事を迎えてしまう。
  • シャリア・ブルはこれを駆ってテキサスコロニーに潜み、シン少尉らのガンキャノン部隊に壊滅的打撃を与えたが、アムロのガンダムには歯が立たず、外部装甲を次々と破壊されてついに撃墜された。
  • このシステムについては、対サイロン用の強力なウィルス防壁が施されていたと思われるが、肝心のCNP自体にトラップが仕掛けられていたことから、防壁に関係なくサイロンにシステムを占拠され、第二次サイロン戦争初期において、マーキュリー級バトルスターは成す術もなく機能不全に陥り次々と破壊されていった。
  • そして共和国軍が中央大陸の再帰還を果たした2107年、キマイラ要塞都市での戦いでもやはりセイスモサウルスのゼネバス砲によって要塞に突入したゴジュラスギガが次々と破壊されたが、その後の共和国首都奪還戦では凱龍輝との連携でセイスモサウルスを撃破した。
  • 次へ »