欠落者

21 の例文 (0.00 秒)
  • 取り付かれた虫を殺された者は欠落者となり、それは「死」を意味していた。 ...
  • 更に、罪を犯して欠落した場合には通常であれば追放相当以下の罪に関しては事件発生から1年以上経過して逮捕されなかった場合には免訴される事になっていたが、欠落者には適用されなかった。 ...
  • 更に欠落者が主人を持つ家臣や奉公人の場合には主従関係を損なったものとして更に重い刑が課せられる可能性があった。 ...
  • 欠落者の自分が人気者の小雪と関われば、周囲に敵を作り、小雪も自分も傷付くことになる。 ...
  • しかも、闕所で没収される財産には欠落者が借りた債務も該当していたために借金を相続する事はなかったのである。 ...
  • 一方、村側も中世以来、逃亡・欠落によって生じた跡は欠落者の復帰や新規耕作者の定住によって村の人口維持を図る原則が定着しており、幕府の方針はこうした村側の考え方と合致するものであった。 ...
  • 江戸幕府は欠落者の発生に伴って発生した負担については村側に責任を負わせたものの、一方でこれによって生じた耕作者のいなくなった耕地については荒地や惣作にすることを望まなかった。 ...
  • そこで、永尋となった時点で欠落者は家督・財産の面においては死亡に准じて扱われて、闕所の対象から免れた家財に関する相続の開始が宣告された。 ...
  • 江戸幕府や藩は欠落が発生した場合には、その責任を村に負わせていたが、その一方で人返しの法を出したり、欠落者が帰村を望んだ場合にはその処分を軽くするなど、百姓の減少抑制に努める方針を示した。 ...
  • 農民以外の場合、欠落による闕所によって財産のほとんどが没収されていたが、農民に対しては欠落者に相続人が存在する場合には農業生産に必要な家屋敷や田畑の没収は免れて相続人がこれを継承する事が許された。 ...
  • さらに、第20回の同漫画賞では読み切り作品「感情欠落者」で佳作を受賞する。
  • 江戸幕府は他の所領に逃げ込んだ農民を発見した場合には本来居住していた所領に送還する方針を採って諸大名にも命じていたが、実際には領主たちは自領からの欠落に対しては厳しく取り締まる一方で、他領からの欠落者に対しては元の居住地の領主側との交渉に対する煩わしさに加えて、欠落者そのものに好意的な姿勢を示した。 ...
  • 欠落が明らかになった場合にはその欠落者の所属する家の当主・五人組・親族・村役人らは3日間欠落者の帰りを待った後で30日以内に奉行所・代官所に対して「欠落届」を提出しなければならなかった。 ...
  • なお、欠落者が捕らえられあるいは自らの意思で帰還した場合には、原則的には「帰住届」を提出の後に欠落中に罪を犯していないかを確認が行われ、人別帳に氏名が復帰された後に家族に引き渡された。 ...
  • これを受けた奉行・代官は直ちに欠落者の闕所処分の手続を行うとともに当主などの目上の親族・五人組・村役人らに欠落者の捜索が命じられたのである。 ...
  • また、永尋になった場合、家族や町村は旧離・帳外を申し出る事で家族関係の解消が認められ、後日欠落者が罪を犯しても縁坐の対象からは免れた。 ...
  • 「欠落」の語は戦国時代の頃より見られるが、領主間で欠落者の返還を行う「人返し」に関する協定が結ばれたり、地域を支配する戦国大名が傘下の領主間で発生した人返しに関わる相論の仲裁に入ったり、分国法などで人返しの手続を定めるなどの対応策が採られていた。 ...
  • 次へ