機会を虎視眈々

13 の用例 (0.00 秒)
  • しかし、心の底ではビッグに反旗を翻す機会を虎視眈々と窺っていた。
  • 貴族にしろ平民にしろ、出世の機会を虎視眈々こしたんたんと狙ってるやつはどこにでもいるんです。 エディングス『エレニア記5 聖都への旅路』より引用
  • 当時のイタリア半島を巡る政治情勢も決して明るいものではなく、諸外国がイタリア進入の機会を虎視眈々と狙っていた。
  • 第一次世界大戦の勃発以来ルーマニアは中立を守っていたが、中央同盟国と協商国との戦いの間で漁夫の利を得ようと参戦の機会を虎視眈々と狙っていた。
  • 父が凄惨せいさんな復讐を遂げる機会を虎視眈々こしたんたんと狙っており、父の大きな愛は、最初に父を変貌へんぼうさせたあの四十年前と変わらずに、父の胸中にはげしく燃えているものと確信しています。 バローズ『火星シリーズ01 火星のプリンセス』より引用
  • 当初は中央政府の忠実な代理人であった彼らであったが、時代が経つにつれ独立の機会を虎視眈々と狙い、実力をつける機会をうかがうものも出始める。
  • 軍事産業としての地位を独占する三星重工と利権によって密接に結びついた彼らは、新戦略専門家たちを蹴落とす機会を虎視眈々と狙っていた。
  • その開発成果を試すために実戦参加の機会を虎視眈々と狙っており、「エンジェル・コール」争奪戦に参加すべく地球圏にやってくる。
  • 復讐の機会を虎視眈々と狙っていたコステロは、計略を巡らせて、ジェノヴェーゼが公聴会に召喚されている間に再び活動を始めた。
  • ディセプティコンと共に、表向きはセイバートロン星の意思決定機関、最高議会に従って、サイバトロンとも争うことなく平和を維持しているが、後述のトライプレダカス評議会たちによれば、それは反乱と宇宙征服の機会を虎視眈々と狙う準備期間に過ぎないことだったようだ。
  • 趣味のアマチュア無線が高じて、トランジスタを仕事にする機会を虎視眈々こしたんたんと狙っていたが、運良く会社が割増退職金付きの退職者を募ったことから、これに応募して、従業員三百人足らずのまだ東京通信工業と名乗っていたソニーに潜り込んだ。 佐藤正明『陽はまた昇る 映像メディアの世紀』より引用
  • 属州惑星の治安維持が目的とされたが、その実態は親衛隊が国軍に取って代わる機会を虎視眈々と狙うギムレーによる、ガミラスの軍政掌握の威力装置である。
  • クーデターの機会を虎視眈々こしたんたんとねらうダドリーは、エドワード国王の死がせまった一五五三年六月末、病床をたずねて女王メアリの即位の危険を切々と訴えて、ジェーンの男子に王位を継承するという勅状を、まんまと奪いとったのだ。 桐生操『美しき拷問の本』より引用