機の墜落

46 の用例 (0.00 秒)
  • あるいは輸送機の墜落ついらく事故ではないとすると、その真相は一体いかなるものなのか。 秋山瑞人『イリヤの空、UFOの夏 その3』より引用
  • 復帰を目指していたが、翌年には自家用機の墜落事故でまた負傷し、現役引退を決意した。
  • なお、自機の墜落地点が工場や戦艦などだった場合はそれらにダメージを与えることができる。
  • 味方戦闘機三機の墜落、敵一機の墜落、いずれも見るものを興奮させ、一同騒然となる。 伊藤整『太平洋戦争日記(三)』より引用
  • テレビでもそれらしいことなど何も報じられていなかったし、今朝、教室で伊里野いりやはあれが単純な輸送機の墜落ついらく事故であるような話をしていた。 秋山瑞人『イリヤの空、UFOの夏 その3』より引用
  • 彼はたぶん1947年のロズウェルUFO事件について本物の地球外宇宙機の墜落とする最初の研究家および宣伝者だった。
  • そこには、自衛隊機の墜落を推測させるような騒々しい雰囲気は、みじんも感じられなかった。 森村誠一『黒い墜落機(ファントム)』より引用
  • 午前三時すぎに行われました記者会見で自衛軍は「米空軍輸送機の墜落ついらく事故であるという情報を得ている」との声明を発表しましたが、肝心の米軍サイドはいまだ完全な沈黙ちんもくを続けています。 秋山瑞人『イリヤの空、UFOの夏 その3』より引用
  • 搭乗機の墜落事故であったともいう。
  • 輸送機の墜落事故とバルカン砲はまったくみ合わない。 秋山瑞人『イリヤの空、UFOの夏 その3』より引用
  • 輸送機の墜落ついらくであろうが爆破ばくはテロであろうが何でもよかった、この時点ですでにジャーナリストを名乗るには無理があるが、とにかく、一枚の写真でも十秒のVTRでもいい。 秋山瑞人『イリヤの空、UFOの夏 その3』より引用
  • 戦闘機の墜落を思わせる木管群・トロンボーンの下降グリッサンドが頻出する。
  • 本当に輸送機の墜落事故なのか、だとすれば、それは機械的・人為的な事故なのか、それとも何者かによる工作があったのか。 秋山瑞人『イリヤの空、UFOの夏 その3』より引用
  • それに、二機の墜落の痕跡を完全に消すのは、大変だ。 森村誠一『黒い墜落機(ファントム)』より引用
  • ところがこの第一号零戦も、初期には不運で、十六年四月十六日に事故が起こり、名テスト・パイロットといわれた下川万兵衛大尉が機の墜落によって殉職している。 豊田穣『飛行機王・中島知久平』より引用
  • それは、遭難機の墜落した近くに、小さな集落があり、その住人が墜落現場に駆けつけているという報告である。 森村誠一『黒い墜落機(ファントム)』より引用
  • 当時スイスではFFAが開発していた近接支援を主任務とする地上攻撃機FFA P-16が開発されていたが試作機の墜落事故等により政府が契約を打ち切り、試作機5機が製造されただけで終わっていた。
  • 飛行中のパイロットから不明機の墜落が報告されるや、任務の終了と基地への帰還命令が下され半信半疑で了解で応じたが、正にその時に二機のF-15が撮影直後の西崎の頭上上空を通過していった。
  • 味方機の墜落を見るのは、胸に痛し。 伊藤整『太平洋戦争日記(三)』より引用
  • 前述の自衛隊員が、事故機の墜落時刻に前後して、この日平和台野球場で行われ、NHKラジオ第1放送で中継された、プロ野球オープン戦西鉄ライオンズ対読売ジャイアンツの試合の模様を偶然聴いていたとされる。
  • 次へ »