横切る

全て 動詞
2,176 の用例 (0.01 秒)
  • 川を横切るにはこの泳法がいちばんいいのだと先輩から教えられている。 赤瀬川隼『人は道草を食って生きる』より引用
  • 私は両親の目を逃れて、そっと庭を横切り、家の前の道を下りはじめた。 坂東眞砂子『葛橋』より引用
  • さらにもっと大きな群がスクリーンを一方から一方へと横切っていった。 光瀬龍『たそがれに還る』より引用
  • 突然何かが視界を横切り、トラックを止めると一人の少女が立っていた。
  • 地上からの車のライトなどの反射ではなく、光は左右に横切り、消えた。 川上稔『AHEADシリーズ 01 終わりのクロニクル①〈上〉』より引用
  • 私は部屋を横切って歩いていくと、シムズが隠したものに目を落とした。 坂東眞砂子『旅涯ての地(下)』より引用
  • 町の中央部を昭和通りが東西に横切り、西縁を長野大通りが南北に通る。
  • まるで音を伝えるのに不適な空間を横切るもののように私の声は消える。 ヴェルヌ/大久保和郎訳『悪魔の発明』より引用
  • 茶色の背広を着た二人の男が砂地を横切ってかれらの方に近づいていた。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『05 人類抹殺計画』より引用
  • 廊下を歩いていると、トイレの前あたりを横切る患者の後ろ姿が見えた。 海月ルイ『子盗(と)り』より引用
  • その女は右手の通りから足早やに出て来て道路を横切ろうとしていた。 半村良『石の血脈』より引用
  • その、顔の前を横切った右手を見てから、花がくような笑顔になった。 喬林知『今日からマ王 第13巻 「これがマのつく第一歩! 」』より引用
  • ホテルの玄関がしまっているようなので、通りを横切って岸の端に立った。 日野啓三『あの夕陽』より引用
  • 甲高かんだかい声を上げて数羽の鳥が横切り、つづいて近くで枝が鳴る音がした。 富野由悠季『オーラバトラー戦記 03 ガロウ・ラン・サイン』より引用
  • ふたりはふたたび空中に突進し、空気のない宇宙空間を横切っていった。 E・E・スミス/小西宏訳『(レンズマン・シリーズ1) 銀河パトロール隊』より引用
  • 町の中心部を昭和通りが東西に横切り、東縁を中央通りが南北に通る。
  • 町の中央部を昭和通りが東西に横切り、西縁を中央通りが南北に通る。
  • わたしは重い肉を小脇に抱えながら、市内を横切ってホテルまで戻った。 ヘミングウェー/永井淳訳『危険な夏』より引用
  • 自転車を押して通りを横切ろうとしたとき、奇妙な光景が目に入った。 縞田理理『霧の日にはラノンが視える2』より引用
  • 通過という用語は、衛星が母惑星を横切る運動を記述するのにも使われる。
  • 次へ »