横たわる

全て 動詞
2,452 の用例 (0.01 秒)
  • そこには、夏になると大きい青い蛇が横たわっているのを見た者がある。 岡本綺堂『探偵夜話』より引用
  • 小説家の生活は原稿とペンとの間にのみ横たわると考えているのである。 平林初之輔『甲賀三郎『琥珀のパイプ』序』より引用
  • 彼が横たわっている部屋にいって、こう言って安心させてやりたかった。 フィッツジェラルド/大貫三郎訳『華麗なるギャツビー』より引用
  • 緑色のベッドの上に緑色のパジャマを着た異様な人物が横たわっている。 半村良『わがふるさとは黄泉の国』より引用
  • わたしは自分が横たわっている場所から、その場所をはっきり見ていた。 ヘミングウェー/永井淳訳『危険な夏』より引用
  • 第二の穴には人間らしいものはもちろん横たわっていなかったのである。 岡本綺堂『探偵夜話』より引用
  • やがて電車通りが乗り越えられない障害のように私等の前に横たわった。 福永武彦『海市』より引用
  • 部屋の中央の氷のひつぎに、自分の遺体が横たわっているのを発見したのだ。 喬林知『今日からマ王 第06巻 「きっとマのつく陽が昇る!」』より引用
  • 僕は今、森本が戦っている彼の背後に横たわる巨大な闇のことを思った。 大崎善生『パイロットフィッシュ』より引用
  • 彼女は、自分をポオルのために犠牲にするようにそこに横たわっていた。 ロレンス/吉田健一訳『息子と恋人 下巻』より引用
  • 二頭の牛と三頭の馬がほかのものと同様に頓死して地面に横たわっていた。 ヴェルヌ/大久保和郎訳『グラント船長の子供たち(中) 地の果ての燈台』より引用
  • 道路脇に横たわる灰色の小さな塊を最初に見つけたのは、莎代里だった。 板東眞砂子『死国』より引用
  • 彼は正面を向き、私の横たわる位置よりは少し上に視線を固定さしていた。 中村真一郎『文章読本』より引用
  • 一人の女が地上に横たわり、腰をおろした男の膝に頭をのせています。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(2)』より引用
  • 普通のダブルベッドの倍近い大きなベッドの上に、女が横たわっていた。 赤川次郎『結婚案内ミステリー風』より引用
  • 彼女が横たわるベッドのとなりに木製の椅子いすを運びこんで腰を下ろしている。 水野良『ロードス島戦記 2 炎の魔神』より引用
  • そこに横たわる真の美を理解しうる聴覚もこの人は持ち合わせていない。 篠田節子『カノン』より引用
  • そして後の二つは、第一の社会過程の床の内に横たわっているわけである。 戸坂潤『イデオロギー概論』より引用
  • そして次の瞬間には、一振りの抜き身の刀が寝台の上に横たわっていた。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録02 嵐を招く道士たち』より引用
  • 緑の部屋に緑のベッドがあり、その上に異様な人物が横たわっていた。 半村良『わがふるさとは黄泉の国』より引用
  • 次へ »