権現造

全て 名詞
65 の例文 (0.00 秒)
  • 焼失した社殿は、拝殿・石の間・本殿が一体となった権現造であった。 ...
  • 重要文化財の社殿は権現造の発祥とされ、関西の日光とも呼ばれている。 ...
  • 江戸時代後期の権現造の社殿が福井県の指定有形文化財となっている。 ...
  • 霊廟としての神社・祖霊社では、建築様式に権現造が用いられることが多い。 ...
  • 権現造では、本殿・拝殿よりも低い「石の間」と呼ばれる建物が幣殿である。 ...
  • 本殿正面から幣殿・拝殿と接続し、権現造の形式をとっている。 ...
  • 主要社殿の形式は、大修築前後とも本殿・幣殿・拝殿が連なった権現造である。 ...
  • この名古屋東照宮の権現造模型では戦前に撮影された10枚ある名古屋東照宮の写真と比べて一部相違点が見られる部分があるが、ほぼ姿形が一致しており、かなり忠実に設計、製作されている。 ...
  • その際、社殿形式に八幡造を用い、屋根意匠に権現造の要素である八棟造を用いて建立されている。 ...
  • この社殿の平面形式は江戸時代に流行した権現造であるが、拝殿から幣殿にいたる床面の高さは同じになるようになっている。 ...
  • 江戸時代初期、片桐且元の寄進により壮麗な権現造の拝殿に改まった。 ...
  • 神社では本殿が聖帝造で権現造風の八棟造となっている事から聖帝八棟造と称している。 ...
  • 本殿の正面軒先部分を「石の間」内部に現すのが、この種「権現造」の特徴的な手法である。 ...
  • 御霊屋は本殿・相之間・拝殿が一体となった権現造である。 ...
  • 本殿は、元は権現造であったが明治時代に流造の彩色を施した形式に建て替えられた。 ...
  • 権現造で、彫刻装飾は安房国千倉の代表的な彫刻師であった後藤利兵衛義光の作。 ...
  • 権現造とは本殿と拝殿を石のつないだ別名を八棟道やつむねづくりともいう建築様式であると、さっきとがめが教えてくれたが、七花はもうそんなことは忘れていて、ただただ見事だと思うだけだ。 ...
  • 次へ