権現社

63 の例文 (0.00 秒)
  • なお付近には、家康の竹杖を祀る「竹根権現社」という神社もあったという。 ...
  • 碑の傍らには、権現山の由来となった権現社の祠が祀られている。 ...
  • 愛宕山権現社の本地仏は勝軍地蔵尊であるため、特に武士の信仰が篤い。 ...
  • 明治以前は『黒森権現社』と呼ばれ、千手観音を祀っていたとされる。 ...
  • また、山内には七所権現社や東照宮などがあり、神仏習合の信仰が行われていた。 ...
  • 大鏡坊が管理していた大棟梁権現社は神仏分離により廃された。
  • 元々は我孫子宿の中心部にあり、子之権現社の別当寺であった。 ...
  • 古くから信仰の対象として真昼山大権現社が設けられ、中世には周辺の小野寺氏や本堂氏の氏神ともなっていた。 ...
  • 飛龍権現社の東には、社殿は無いものの、神名を記した8本の石の角柱が立ててある。 ...
  • 三峰とは背中合せの丹波山村に飛竜権現社のあることも力強い暗示であると思う。 ...
  • 祭神は月夜見尊で、権現社であったこともあると言う。 ...
  • 権現社の総門をくぐると、道は二手に分れる。 ...
  • 大棟梁権現社も廃されることとなり、場所を移して「富士大神社」として祀られることとなった。 ...
  • もともと神仏習合だった権現社や宮が、明治維新の神仏分離によって寺院を別の法人として改組した事例も少なくないが、現在でも神社において神職や山伏による護摩祭が続いていることがある。 ...
  • これが子之権現社の起源である。 ...
  • さらに神主星野家が他に兼務している神社があり、八幡社・八幡神社・天神社・権現社などである。 ...
  • 堂守の嘉平は、十二社道を権現社の方へ向っている。 ...
  • 次へ