権現様

104 の例文 (0.00 秒)
  • どうじゃ、寺社奉行の雲がくれは権現様以来聞いたことがあるまい?
  • 「権現様も名所の一つだから好いでしょう」 二人はすぐ山を下りた。 ...
  • 御代より権現様を載せ奉りし船なれば、権現丸とはこれをいうなれよ。 ...
  • 権現様につてがあり、しばしこの建物を借り切っていたようなのだ。 ...
  • 大方、権現様が江戸へお入りになる前に殺された武者ではないかということになった。 ...
  • この病気を機に、家の近くにあった権現様と呼ばれる村の小さな社にお参りするようになったという。 ...
  • 権現様のお宮も鳥居もまだ雪に埋もれて、上の方が少し露われているに過ぎない。 ...
  • そして「権現様」を背負って渡った川の名を、その苗字として授けられた。 ...
  • 同様の伝説は花立山にもあるが、こちらは山を落としたのは英彦山の権現様となっている。 ...
  • 権現様も御生前はそのことにお苦しみなさいました。 ...
  • 権現様の大嫌いな村正の刀というのがそれなんだってね。
  • 権現様だってなにも、人間を窮屈にしようと思って江戸をお開きになったわけじゃあありますまい。 ...
  • 地元では権現様とも呼ばれている。 ...
  • 犬は、三峰みつみねのお使いであるというので、山では、権現様の御眷属ごけんぞくとよんでいる。
  • それは権現様の森の上や矢筈山のとっぺんや、妄霊嶽の方からも聞えてくるのだった。 ...
  • 権現様の境内に、女の子が一人立っていた。 ...
  • その戦いぶりを見ようとして、権現様側に集まっていた群集の中に、お力もいた。 ...
  • 次へ