権現崎

全て 名詞
33 の例文 (0.00 秒)
  • 彼らは、美緒たちが今朝権現崎へ行ったという行動にも不審を抱いていた。 ...
  • 歩きながらあたりを捜すと、それらしい白い車は権現崎の登り口にすぐに見つかった。 ...
  • そのすぐ先に、美緒たちがさっき権現崎で出会った二人の女性が、青ざめた顔をして身を寄せ合っていた。 ...
  • その十三湖の北に権現崎が見える。 ...
  • 現場が権現崎への登り口なら、確かに手頃の石は沢山ありました。 ...
  • 宿の女主人に聞いても、権現崎ならみな下前から登る、という。 ...
  • 南の岩木山から十三湖、権現崎、そして竜飛、北海道まで眺められる場所だという。 ...
  • ところが、この小泊集落から権現崎へ行く山道は距離が相当あるうえ、あまり整備されていないらしい。 ...
  • 古くは、西は遠浅の海で大きな砂浜が広がり、南は権現崎を先端としてとがったような形をしていた。 ...
  • 待ち合わせたのは、たぶん誰も来ない権現崎の登り口だろう。 ...
  • 権現崎への登り口はかなり急なので、女性の力で死体を運び上げられただろうか、という疑問がないではない。 ...
  • 岩木山はかすんで見えなかったが、小泊半島と権現崎はよく見えた。 ...
  • 漁港から最も離れた、集落の外れだが、ここなら夕陽が権現崎の陰にならないと聞き、選んだ旅館だった。 ...
  • やや南北に長い形をしているが権現崎が日本海に飛び出しているため、東西約13 km、南北約16 kmとなっている。 ...
  • 権現崎の登り口は、四、五分歩いたところだった。 ...
  • 運転手によると、車道は間もなく行き止まりになり、そこから権現崎の断崖へ登る遊歩道が付いているのだという。 ...
  • そこが権現崎であった。 ...
  • 次へ