権現宮

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 江戸時代には権現宮と称されていた。 ...
  • 延宝4年には稲垣重昭によって権現宮と弁財天堂が建立された。 ...
  • 頼仁親王は衰退していた五流の寺院と十二社権現宮を再興し、南北朝の頃まで繁栄し次第に衰微し尊瀧院のみが残った。 ...
  • なお、磐木権現宮は、速谷神社入口の鳥居の西南約200メートルの丘に鎮座している。 ...
  • そのころ、権現宮から阿多由太神社に改称する。 ...
  • 岩木翁は磐木権現として権現山に磐木権現宮が建立され鎮座すると伝えるが、磐木権現宮は速谷神社の鎮座以前の地主神であり速谷神社本殿西の境内にも岩木神社として分祀されたという。 ...
  • 明治維新の神仏分離令で権現社・権現宮・権現堂の多くが廃され、「権現」の神号や修験道が一時禁止されたため、権現を祀る神社の多くは本地仏を廃して祭神のみを祀るようになった。 ...
  • 享保14年8月27日から明治6年までの間、山の中腹の筑地に霧島六社権現の一つ霧島山中央六所権現宮が鎮座していた。。 ...
  • 江戸時代は「白山社」「白山権現宮」に改称される。 ...
  • 天明元年神祇管領吉田家により「山王大権現宮」から「須須岐水神社」と改められた。 ...
  • 「御年譜附尾」は「因大権現宮願」として従三位大納言と記し「御九族記」は正二位権大納言としている。 ...
  • 山王権現宮曼荼羅とも称する。 ...
  • 「日本第一熊野十二社権現宮」と称する。 ...
  • 天正6年、久留木康辰、和田円覚院、花堂大円坊と共に、高原城落城後に伊東義祐により霧島山東御在所権現宮座主に任じられていた民部郷秀澄を、命により誅殺している。 ...
  • 元禄9年の「木幡山相改帳」等によると、弁才天宮には本殿、三重塔、薬師堂、千手堂、門神堂、羽山権現宮や現存はしないものの虚空蔵堂や筑山権現宮といった堂塔があり、本殿には御前立本尊。 ...