権現堂

全て 名詞
65 の例文 (0.00 秒)
  • ところが今でもその黒壁には、権現堂があって天狗がまつってあるのだ。 ...
  • 権の由来の多くは権現堂、権現山、権右衛門屋敷に位置する地名のこと。 ...
  • このマリア地蔵は今日の権現堂集落農業センター敷地内で発見された。 ...
  • その護摩堂の右脇の急斜面に荒れた激急坂歩道の上に権現堂が見える。 ...
  • 早速さっそく私共も行きましたが、千葉の勝浦の権現堂ごんげんどうのある山の頂上てっぺんで死んでいました。 ...
  • 現在地に移転する以前は大字権現堂229に所在していた。 ...
  • ところが重右は却って喜んで、この黒壁の権現堂に上った。 ...
  • 本項では、隣接する権現堂についても併せて説明する。 ...
  • マリア地蔵は、埼玉県幸手市大字権現堂に所在している地蔵尊である。 ...
  • 林道宿谷権現堂線から滝までは、歩道が整備されている。 ...
  • 元亀元年には上杉謙信との同盟の使者となり、史料に「権現堂」「叶」の名が残る。 ...
  • 文禄年間に権現堂として創祀されたという。 ...
  • かつては51番として武谷・権現堂・木浦岐・松尾・明治坑の停留所があり飯塚まで運行されていた。 ...
  • そのことから、権現堂桜堤とも呼ばれる。 ...
  • 一方、厨子王は丹後の国分寺に逃げ込んで寺僧に助けられ、京都七条朱雀の権現堂に送られた。 ...
  • 鉄の草鞋が切れたところがお前の住む場所だと、紀州熊野の権現堂に告げられてきた草鞋の緒が切れたので、十和田湖に住みつこうとして、主の八郎太郎と争いがはじまった。 ...
  • かつては、鳥海山山頂の権現堂の鑰を管轄したのは杉沢の別当坊であり、蕨岡を凌ぐ勢力を持っていたと推定される。 ...
  • 次へ