権現堂川

全て 名詞
51 の例文 (0.00 秒)
  • この宇和田公園はかつての権現堂川の堤防を用いて整備された公園である。 ...
  • 江戸時代初期に、権現堂川を掘ったため、城跡が分断されたとしている。 ...
  • 昭和3年に権現堂川が廃され逆川自身が江戸川の最上流部となった。 ...
  • 権現堂川は江戸時代以前は渡良瀬川の河道で、そこから南流し東京湾へ注いだ。 ...
  • 公園所在地は西側で権現堂川に接しており、対岸には権現堂公園が所在している。 ...
  • 旧権現堂川堤防のうち中川の堤防として残った部分は権現堂堤として桜の名所である。 ...
  • 利根川と渡良瀬川が合流し権現堂川・太日川がその下流となった。 ...
  • 町の東端、旧利根川の流路である権現堂川の自然堤防上を国道4号が南北に縦断している。 ...
  • また権現堂川から南流する旧太日川の一部は庄内古川とされ、江戸川とは現在の埼玉県吉川市付近で合流した。 ...
  • また、権現堂川沿いには遊歩道が整備されており、茨城県のヘルスロードに指定されている。 ...
  • 中島用水は、上流部の権現堂川筋が砂で埋まり、江戸川からの取水ができなくなった。 ...
  • これにより銚子から常陸川・赤堀川を遡り、栗橋から権現堂川・江戸川を経由し江戸へと至る安定した水運路が成立した。 ...
  • 本調査結果では、城域は権現堂川東岸にのみ展開し、『利根川図志』の記述と異なって西岸は含まれなかったと考えられている。 ...
  • 渡良瀬川の下流部は久喜市栗橋付近は権現堂川、それより下流は太日川と呼ばれていた。 ...
  • これにより銚子から常陸川・赤堀川を遡り、栗橋から権現堂川・江戸川を経由し江戸へと至る水路が完成する。 ...
  • また権現堂川を拡幅し、以後は新川通から権現堂川・太日川を経て江戸の内海に至る流路が利根川の本流となった。 ...
  • 戦国時代に入り利根川流域は伊豆国より勢力を伸ばした後北条氏により支配されたが、4代目当主北条氏政の代である1576年に長さ900mの権現堂堤が権現堂川に建設されている。 ...
  • 次へ