権現堂堤

全て 名詞
7 の例文 (0.00 秒)
  • 旧権現堂川堤防のうち中川の堤防として残った部分は権現堂堤として桜の名所である。 ...
  • 戦国時代に入り利根川流域は伊豆国より勢力を伸ばした後北条氏により支配されたが、4代目当主北条氏政の代である1576年に長さ900mの権現堂堤が権現堂川に建設されている。 ...
  • 童夢公園内をはじめ、周辺には桜の木が多く植生し、近隣には埼玉県幸手市の権現堂堤が所在しているため、春にはこれら周辺の場所と併せ桜名所の一部となる。 ...
  • この名称は桜の名所として知られる幸手市の権現堂堤と鷲宮町の鷲宮神社に由来するが、当初から合併構想を主導し、3市町で最大の人口を有する久喜市が名称の由来から外れていることに対して、久喜市民の間に反発が生じ、各市町で住民投票を実施することになった。
  • 敷地は、桜の名所として親しまれている権現堂堤や権現堂調節池沿いに、調節池特有の水辺景観等を活用しながら、1号公園から4号公園までの4つのエリアで構成されている。 ...
  • また、権現堂堤の桜は2000年5月5日には、埼玉新聞社の「21世紀に残したい・埼玉ふるさと自慢100選」に選出された。 ...