権現垂迹

5 の例文 (0.00 秒)
  • 磐座群頂上部の傍らには、上面が平らな岩が2基存在し、細礫が集中した箇所に灰と見られる土が残されていることから、それぞれ異なる年代に護摩壇として用いられ、権現垂迹の祈りをささげる場所であったものと見られる。 ...
  • この窟が穿たれた岩は巌の最高所となっており、そのことから権現垂迹の磐座として、垂迹した権現が宿る胎蔵窟と見ることが出来る。 ...
  • 石躰が権現垂迹の拠り代としての意味を持つことを考慮すると、宝冠の森頂上部のこうした配置は、石躰を中心とした磐座群を自然林が取り囲む聖域としての「杜」であったと解される。 ...
  • 床面に穴の開いた前者の窟を、巌の頂部にて垂迹神を宿す胎蔵窟、権現垂迹の石躰がある後者を金剛窟と見るならば、これらの窟の配置は陰陽の融合した権現垂迹の窟として理想的な形をなしている。 ...
  • 宝冠の森の頂上一帯、すなわち人に犯されたことのない結界内の森林によって構成されたピークは、権現垂迹の聖地としての「杜」の様相を示しているが、こうした例は対馬白嶽山や英彦山など、紀伊半島南部以西の照葉樹林帯で広範に見られるものである。 ...