権現坂

11 の例文 (0.00 秒)
  • 山を下って権現坂を越えれば、若狭街道に出ることができる。 ...
  • 権現坂よりこれまで一里。 ...
  • 定九郎は大八幡楼を横目に、権現の鳥居を素通りして、左手に延びる権現坂を上っていく。 ...
  • 更に遊矢、柚子、権現坂、沢渡、黒咲の5人も別の次元へ飛ばされてしまう。 ...
  • 仁王門を通り、寿量院、圓教寺会館、十妙院を過ぎると、参道は「権現坂」と称する下りの階段になり、下りきったところが摩尼殿の縁下である。 ...
  • 芦の湯から双子山ふたごやまのふもとをめぐって権現坂ごんげんざかまで約一里、ひとすじの道をうぐいす坂というのは、両側のいわゆる箱根竹のやぶに、八月なかばまでうぐいすが鳴きしきっているからだ。 ...
  • thumb|摩尼殿 「権現坂」を下りきると、元和3年に姫路城主となった本多忠政が寄進した湯屋橋という小さな石橋があり、その先の崖上に観音堂である摩尼殿がある。 ...
  • 前田利家父子の持ちは、塩津から堂木だんぎ、神明山にわたる一線の警戒にあり、そのため前田隊の兵二千は、権現ごんげん坂から川並かわなみ村の高地茂山しげやまあたりにかけてまっていた。 ...
  • ロジェが暴走させた次元転送装置により遊矢、権現坂、沢渡、黒咲が飛ばされた先はアカデミアの侵略により廃墟と化したエクシーズ次元・ハートランドだった。 ...
  • 「飯浦、堀切の谷あいを、西へじ越え、総勢、峰づたいに、足海、権現坂方面まで“繰引くりびき”せよ」 あわただしい退がいかれて、勝政の麾下は、それぞれの旗幟きしと組頭の行くを目あてに、堀切の崖を、道も選ばずじ登り出した。 ...