権現像

6 の例文 (0.00 秒)
  • 本殿に出世開運の神として有名な毘沙門天像と大宮権現像を祀っている。 ...
  • それにより明治5年常住社と前神寺ともに石鉄神社となり、仏像と判断された石鈇山蔵王権現は祀ることを否定され当寺の存在も否定されたが、時の住職は石鈇山頂上鎮座の姿に模して権現像を山上に奉斎し民心を得ようとしたり裁判を起こすなどして抵抗するも明治8年に正式に廃寺となる。 ...
  • 極楽寺になって二度の火災により寺宝も多く焼失したが権現像は守られ、現在に至るまで石鎚金剛蔵王権現の御前にて護摩焚きが朝夕行われている。 ...
  • なお、明治5年2月に本社と庫裡が焼失したため、無住寺になっていた塔頭の医王院に本尊と権現像と僅かの寺宝は持ち出して移り、東照宮は明治5年西条市大町に西條東照宮として移転した。 ...
  • 世代閣はもとこの地にあった戸岩寺の仏像を収蔵する施設で、薬師如来像、十二神将像、菩薩立像、十社権現像などを安置する。 ...