権現信仰

全て 名詞
10 の例文 (0.00 秒)
  • 起源は蔵王権現信仰であるが別の信仰として分化している。 ...
  • 江戸時代には芦峅衆徒によって、立山権現信仰が全国に広められた。 ...
  • このような習合が顕著だったのは熊野権現信仰においてであり、平安時代の末期に熊野十二所権現のうちの五柱である五所王子と呼ばれる神々が信仰されるようになった。 ...
  • しかし江戸時代に徳川家が権現信仰のあるこの寺を上野寛永寺の末寺とし東照宮を置いたことから隆盛を取り戻した。 ...
  • 一般に秋葉大権現信仰は徳川綱吉の治世以降に全国に広まったとされているが、実際には各地の古くからの神仏信仰や火災・火除けに関する伝説と同化してしまうことが多く、その起源が定かであるものは少ない。 ...
  • また、立山修験道の布橋大灌頂や立山権現信仰の布教が禁じられた。 ...
  • もともと熊野や日吉ひえにおける権現信仰は、天台僧によって創造されたものであるが、国東の六郷寺院における権現信仰は、宇佐の祖神である比売神信仰によるもので、寺院そのものも他宗派寺院と異なり、修験寺院である。 ...
  • この東照権現信仰では薬師如来を本地とした。 ...
  • 絵解き唱導を担った熊野比丘尼たちは牛王宝印を文庫に入れて諸国を巡り、熊野観心十界曼荼羅によって地獄・極楽の絵解き唱導を行い、那智参詣曼荼羅により熊野権現信仰と熊野参詣の霊験を説いた。 ...