権現与太郎

10 の例文 (0.00 秒)
  • 本当に典膳が斬る気だと知るとさすがの権現与太郎も顔から血が引いた。
  • 権現与太郎に味方して小普請こぶしん人足と張合ったのがこの人足どもだったのである。 ...
  • 権現与太郎をるなどということは普通では出来ない。 ...
  • 権現与太郎は彼の一人に抱えられてあえいでいた。 ...
  • 権現与太郎は、もと此の町内に住んでいたので、そんな時には何時でも飛び出していって始末をつけ、口をいた。 ...
  • 後方で見物していた庶民も権現与太郎に武士がこれ迄刀をかけぬ理由は知っていたから、典膳が『東照大権現』の字を二つに斬ったのを見た時には鳶の者以上に驚ろきおそれ、る者などは急にコソコソ人垣ひとがきを分けて逃げ出した。 ...
  • 最近、更に『きおい組』がこれとぐるになったというので善良な町民たちは『きおい組』と聞いただけで権現与太郎を想像して、ふるえ上った。 ...
  • しかだれも纏の与太郎とは呼ばず「権現与太郎」という。 ...
  • また千坂兵部が、あの権現与太郎の一件の前、入牢じゆろう中の典膳の身柄みがらを引取り度いと申出ていたはなしも思い出した。 ...