権現下郭

8 の例文 (0.00 秒)
  • 江戸時代、現在の城南町周辺には、権現下郭、南町分などがあった。 ...
  • このうち、権現下郭は二ノ丸の南側に位置し、士屋敷、米蔵、寺院、神社などがあったとされる。 ...
  • また、江戸時代の本丁、横道、米代、権現下郭のそれぞれ全部と、小田町、半兵衛町のそれぞれ一部から、あとに宮町の一部となる栄町が生まれている。 ...
  • 明治に入ると、江戸時代からの若松城下の町は再編され、本丁、米代、小田垣、横道、権現下郭に加えて、小田町、半兵衛町のそれぞれ各一部が合わさり、若松栄町となる。 ...
  • 明治時代に入ると、民生取締所、民生局による統治を経て、1870年に若松県が置かれたほか、江戸時代からの若松城下の町は再編され、本丁、米代、小田垣、横道、権現下郭に加えて、小田町、半兵衛町のそれぞれ一部が合わさり、若松栄町となった。 ...
  • 明治時代に入ると、江戸時代からの若松城下の町は再編され、本丁、米代、小田垣、横道、権現下郭に加えて、小田町、半兵衛町のそれぞれ一部が合わさり、若松栄町となったほか、桂林寺町は若松桂林寺町となった。 ...
  • 現在の本町周辺では、本丁、米代、小田垣、横道、権現下郭に加えて、小田町、半兵衛町のそれぞれ一部が合わさり、若松栄町となったほか、桂林寺町は若松桂林寺町、諏訪四谷は若松諏訪四谷、赤井町は若松赤井町、融通寺町は若松融通寺町、西名子屋町は若松西名子屋町と若松を冠称するようになった。 ...