権現さま

45 の例文 (0.00 秒)
  • あんなにまでして、わたしの思いが権現さまに通じないことがあろうか?
  • 御神体はまったく違うが、これに似た話がほうぼうの権現さまにもある。 ...
  • 権現さまという言葉が出たので、家光は形を改め、頭をたれて神妙の態である。 ...
  • 権現さま、という言葉が出ると、家光はしとねからおりて謹むのが常であった。 ...
  • いかにあいてが悪人でも、権現さまのお名まえにやいばはあてられねえ。 ...
  • 権現さまは、生涯のうち、二十人近い側室をお用いになられた。 ...
  • そのことから「権現さまの寺」と呼ばれていた。 ...
  • それから来たついでに権現さまとお稲荷さんを参詣し、境内を見て歩いてから引き返して帰途についた。 ...
  • そのうち年くれて元和げんな二年となりてほどなく、権現さま御他界にてこのこと止めそうろうとなり。 ...
  • 厄除けの権現さまとて信仰を集めている。 ...
  • 尊崇する権現さまがそうであったので、家光は特に鷹狩りを好んだ。 ...
  • かつて一帯は「谷畑」と呼ばれ、当神社も通称「谷畑の権現さま」と呼ばれた。 ...
  • 酒井の家には、権現さまの仰せおかれた御軍法その他の御書付があるというが、それを見せいと綱吉がいった。 ...
  • 乾坤堂は、あの晩お関がひとりで権現さまの森の中へいったことはむろん知らないから、話をきいて、眼をまるくした。
  • 権現さまというのは金井村の丘のうしろにそびえる山で、頂きに蔵王権現の御堂があるのでそう呼ばれているが本来の山の名は駒木こまき山である。 ...
  • 光悦が、なぜ権現さまから、そのようにひいきにされたかと申しますと、おやの光二の因縁からでございます。 ...
  • 光悦がこの土地を権現さまから頂いた由来は、どなたも御存知ですから申上げるまでもございますまい。 ...
  • 次へ