樅の木陰

9 の例文 (0.00 秒)
  • 夏が来ると、ホーリーのだんなさんが樅の木陰に巣箱を置いているのよ。 ...
  • その後彼はまたもみ木陰こかげへ帰って、しっかり剣をいだきながら、もう一度深いねむりに落ちた。 ...
  • 毎年極まいねんきまつたをどり場所ばしよむらやしろおほきなもみ木陰こかげである。 ...
  • それは、渓流の河原であり、橋を渡った向こう側にある神社であり、御旅所であり、ほんの少し山を登った樅の木陰だった。 ...
  • 静信は樅の木陰から陽射しに炙られる集落を見上げた。 ...
  • 女同士をんなどうしもみ木陰こかげそばめてやうもなかつた。 ...
  • れが月光げつくわうさへぎつてもみ木陰こかげいちじるしくつて、うごかすたびに一せいにがさがさとりながらなみごとうごいて彼等かれら風姿ふうしへてる。 ...
  • 彼は森の入り口にある、アルグイユの丘の頂にある「牧場」に登り、もみの木陰に身を横たえ、指の間から空を見た。 ...