様子を眺める

56 の用例 (0.00 秒)
  • 二階からロビーの様子を眺めるだけなら、こっちにも危険はないと思う。 奈須きのこ『月姫 日向の夢(琥珀・トゥルーエンド)』より引用
  • 俯瞰ふかんと言うほどの絶景ではないが、町の様子を眺めるには十分な高さだ。 奈須きのこ『空の境界 未来福音』より引用
  • ちょっと離れた場所からその様子を眺めると、なかなかの圧巻であった。 原田宗典『はたらく青年』より引用
  • その位置からは、大学の駐車場全体の様子を眺めることができた。 梅原克文『カムナビ(上)』より引用
  • 今の立場では正殿の二階の窓から評定所の様子を眺めることしかできなかった。 池上永一『テンペスト2 花風の巻』より引用
  • スタッフたちの様子を眺めることは、これまであまりしていない。 森博嗣『四季 2 夏』より引用
  • そして視線を転じ、扉の窓から眠っている子供たちの様子ようすを眺める。 伊都工平『天槍の下のバシレイス1 まれびとの棺 〈上〉』より引用
  • 作戦の分からぬ手を仕掛けられたら、こちらも奇手を打って様子を眺める。 高橋克彦『パンドラ・ケース よみがえる殺人』より引用
  • 最後まで黙って様子を眺めるつもりでいたが、むしろ今の雰囲気なら言ってしまった方が皆の気持も動いてくる。 高橋克彦『パンドラ・ケース よみがえる殺人』より引用
  • そのとき彼らには、月の様子を眺める最後のチャンスがあった。
  • 先生の様子を眺めると、こんな言葉が正太の心を衝きあげて来た。 坪田譲治『新編 坪田譲治童話集』より引用
  • 家の中へはいる様子を 眺めると,兄様たちや姉様たちは たいへん疲れて,顔色もしおれている. 知里幸恵『アイヌ神謡集』より引用
  • 目の前へかざし、由美子の名前がじわじわと燃えていく様子を眺める。 原田宗典『どこにもない短篇集』より引用
  • 僕はシートに腰掛け、他のレーンの様子を眺めることにした。 森博嗣『スカイ・クロラ』より引用
  • めずらしそうに私達の様子を眺める人もあった。 島崎藤村『芽生』より引用
  • ちくりと胸にはりされたような気分で、妹が化粧品るいを拾い集める様子ようすながめる。 伏見つかさ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第03巻』より引用
  • むしろ活気にあふれた騒音を聞きながら、彼らの労働の様子を眺めるのが僕は楽しみだった。 小川洋子『沈黙博物館』より引用
  • その様子を眺めるとウェヌスはいきなり大声にお腹を抱えて笑い立てたのは、人がひどく腹を立てるといつもよくやるやつです。 アプレイウス/呉茂一・国原吉之助訳『黄金のロバ』より引用
  • エンリコはその場の様子を眺めると、気軽な調子でいった。 坂東眞砂子『旅涯ての地(下)』より引用
  • この建物は公家住宅に存在した「物見」と同様、邸内から外部の様子を眺めるための建物という性格をもっている。
  • 次へ »

様子を眺める の使われ方